ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    ワクワクがいっぱい!市制施行75周年♪

    • [公開日:2022年4月27日]
    •   
    • [更新日:2022年5月18日]
    • ページ番号:45253

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    みんなで盛り上げよう!市制施行75周年事業

    昭和22年8月1日に府内12番目の市として誕生した枚方市は、今年で市制施行75周年を迎えます。

    淀川河川・枚方宿エリア、総合文化芸術センターなどを舞台に、2025年大阪・関西万博に向け、プロの演奏家やスポーツ選手との交流などワクワクする体験を通して“いのち輝かせる”取り組みを実施していきます。

    75周年事業からワクワクを広げ、枚方を盛り上げていきましょう。

    75周年事業一覧 

    75周年事業である14事業を紹介。持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)の17の国際目標のうち、関連する目標をお示ししています。「枚方市SDGs取組方針」の策定についてはこちら(別ウインドウで開く)

    また、ひこぼしくんマークが掲載されている事業は、こども夢基金を活用している事業です。こども夢基金の詳細はこちら

    ※新型コロナの影響で掲載イベントを中止・延期する可能性があります。イベント参加時はマスク着用など対策を。

    3.七夕イベント ニッペパーク岡東中央にて、7月に七夕イベントを開催!夕方から夜にかけて、ライトアップされた笹飾りが初夏の夜を彩ります。(イベントの詳細は決定次第、お知らせします。)
    4.SOMPOボールゲームフェスタ2022 トップアスリートが運動あそびの楽しさを教えてくれる「あそビバ!」や4種目のボール競技が体験できる「キッズチャレンジ」を開催。ボールゲームを通じて、スポーツの楽しさ・魅力を再発見!
    5.ひらかた菊フェスティバル 枚方宿街道菊花祭やひらかた菊花展、市民菊人形展などで枚方の秋を楽しんで!(10月~11月開催予定)
    6.プロスポーツとの交流促進事業 準備中 秋頃開催予定
    7.オリジナルナンバープレート交付 原動機付自転車(125cc以下)のオリジナルナンバープレートを4,100枚限定で交付。デザインは市PR大使の切り絵作家・たけうちちひろさんが担当!
    8.ひらかた将棋イベント 日本将棋連盟会長で市PR大使の佐藤康光さんをはじめとしたプロ棋士の指導対局やトーナメント戦など。
    9.ひらかたジュニアブラスバンド事業 大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーをはじめ関西で活躍するプロの管楽器奏者の指導が受けられる中学生・高校生を対象にしたジュニアブラスバンドを結成します。
    10.「この街が好き」1000人の大合唱  市テーマソング「この街が好き」を子どもたちが大合唱!音楽を通してみんなが一つにつながります♪ (イベントの詳細は決定次第、お知らせします。)
    11.GIGAフェス2022  リアル会場やインターネットを利用した仮想空間であるメタバースの会場で、未来の学びやこれからの子どもたちに求められる資質・能力を得るのためのさまざまなイベントやワークショップを開催します。枚方市における未来社会への夢や可能性を感じる企画が盛りだくさんです!(イベントの詳細は決定次第、お知らせします。)
    12.体験型イベント「HIRAKATA子どもすまいるプロジェクト」 『子どもたちに笑顔を届ける』をテーマに、子どもが参加できる体験型イベントを開催します。(イベントの詳細が決定次第、お知らせします。)
    13.トップアスリートとのふれあい事業 準備中 決定次第、順次発表
    14.スポーツイベント 準備中 決定次第、順次発表

    こども夢基金とは

    子ども夢基金の案内

    こどもの夢を育む教育・子育てに係る事業費に充てるために作られた基金です。
    ふるさと寄附の使い道のひとつで、いただいた寄附金を活用し、トップアスリートとの触れあいや先端テクノロジーの体験など、さまざまな事業を実施してきました。

    今後、

    ・公募のジュニアブラスバンドを育成し、総合文化芸術センターでプロと共演する機会を設けるなど未来の演奏家を輩出

    ・オリンピックに出場した選手やプロスポーツチームの選手との交流による一流の技術の習得

    など、プロフェッショナルの育成をする事業にも活用したいと考えています。

    未来の担い手となるこどもたちの笑顔や希望につなげるため、ご支援よろしくお願いします。

    こども夢基金のこれまでの活用事業はこちら(別ウインドウで開く)で紹介しています。