ページの先頭です
メニューの終端です。

こども夢基金の活用事業

[2021年6月1日]

ID:18781

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「枚方市こども夢基金」は、子どもたちの夢を育む、教育や子育てにかかる事業に活用しています。
活用事業については次のとおりです。
※「枚方市こども夢基金」への寄附は、「ふるさと寄附金」の対象となります。
寄附していただける場合は、「ふるさと寄附金について(別ウインドウで開く)」をご参照ください。


令和3年度(2021年度)活用事業一覧

※記載している金額は予定額です。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、実施方法等が変更になる場合があります。



文化芸術創造拠点形成事業(コミュニケーション授業)

事業費総額1,700千円/基金繰入額850千円

演劇教育によるコミュニケーション授業を行い、子どもたちの表現力やコミュニケーション能力の向上を図る。枚方市文化芸術アドバイザーの平田オリザ氏が教壇に立つほか、同氏の教員研修等を通して、教員のコミュニケーション授業やコミュニケーション能力の向上を図る指導を行える体制づくりにも取り組む。

(対象)
 小学生
(担当課)
 文化生涯学習課



文化芸術創造拠点形成事業(ひらかたジュニア吹奏楽団)

事業費総額5,261千円/基金繰入額2,673千円

公募により吹奏楽団を結成し、市内公共施設等にてプロの指導による練習を重ねることで、吹奏楽に関心のある子どもたちの演奏技術を高めるとともに、将来の文化芸術を担う人材を育成する。

(対象)
 中学生・高校生
(担当課)
 文化生涯学習課



文化芸術創造拠点形成事業(アウトリーチ事業)

事業費総額3,699千円/基金繰入額1,873千円

多くの子どもたちに文化芸術に触れる機会を創出するため、アーティストが学校に出向き、児童に実演を披露する。また、令和元年度から登録を開始した「枚方市アーティストバンク」を活用し、若手アーティストを派遣し、病院、福祉施設へのアウトリーチも実施する。

(対象)
 小学生
(担当課)
 文化生涯学習課



文化芸術創造拠点形成事業(学校鑑賞事業)

事業費総額9,163千円/基金繰入額4,604千円

学校鑑賞会として、総合文化芸術センター大ホールで「大阪フィルハーモニー交響楽団」によるフルオーケストラコンサートを鑑賞する。芸術ホールでの本格的な公演を体験することで、ホール公演の迫力や素晴らしさに直に触れる機会とする。

(対象)
 中学生
(担当課)
 文化生涯学習課



東京2020オリンピック・パラリンピック コミュニティライブサイト

事業費総額3,816千円/基金繰入額2,460千円

2021年開催の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の期間中、枚方市市民会館大ホールロビー、市民会館大ホール前スペース、ニッペパーク岡東中央にて「コミュニティライブサイト」を実施する(オリンピック2日間、パラリンピック1日間)。実施イベントとして、(1)パブリックビューイング、(2)飲食ブース、(3)オリンピック関連グッズの展示、(4)オリンピック種目体験イベントを開催予定。

(対象)
小学生・中学生
(担当課)
スポーツ振興課



動物ふれあい事業

事業費総額485千円/基金繰入額485千円

動物を直接見たり触ったりする機会が少ないこと子どもたちのため、ひらかた子ども発達支援センターでは通所利用する子どもたちが動物と触れ合う機会を設け、日常にない体験を通じて子どもたちの成長と発達を促す。

(対象)
乳児・幼児
(担当課)
ひらかた子ども発達支援センター



中学校給食 オリンピック給食の日 ~枚方市の中学校給食をみんなで味わおう~

事業費総額4,535千円/基金繰入額4,535千円

2021年開催の東京オリンピックに合わせ、枚方市の中学校給食でもオリンピックを盛り上げる給食を実施する。学校給食を通してオリンピックや世界の国々への関心を高めるとともに、成長期に必要な栄養を考えた学校給食のメニューや味を知り、中学校給食の良さや自らの食生活を考える機会とする。

(対象)
中学生
(担当課)
おいしい給食課



ばばばあちゃんとあそぼう!~さとうわきこ絵本原画展

事業費総額2,432千円/基金繰入額2,432千円

子どもたちやその保護者などに、普段ふれあっている絵本の世界に入ることで本との関わりをより深める。また、普段関心のない子どもたちや保護者への周知により、読書への関心を高める。

(対象)
 幼児・小学生・中学生・その他(保護者及び大人になっている読者)
(担当課)
 中央図書館



チャレンジを応援@英語多読をはじめよう

事業費総額817千円/基金繰入額267千円

言葉の力を高めるトレーニング「コトトレ」として、英語多読のワークショップを行う。講師には、英語絵本を載せたライブラリーバスで、各地で読み聞かせイベントを実施し、英語多読を広める活動をされている西村テツコ氏を招くほか、講演会会場に英語多読資料を展示し、実際に本を手に取りながら、多読の実践方法を学べる機会とする。

(対象)
 幼児・小学生
(担当課)
 中央図書館



教文子どもサイエンスフェア開催事業

事業費総額790千円/基金繰入額790千円

子どもたちの科学に対する興味・関心を高め、科学に親しみを持たせるため、「教文子どもサイエンスフェア」を開催する。科学に関する実験や工作が体験できるブース(例 工作講座、サイエンスショー、体験講座、展示など)を複数設置するとともに、全児童生徒に配備されたタブレット端末を活用するなど、参加体験型のフェアとする。

(対象)
小学生・中学生
(担当課)
教育研修課



公民連携推進事業

事業費総額3,000千円/基金繰入額3,000千円

行政と民間企業・大学・研究機関等が連携し、市の課題解決と魅力向上を目指して取り組むほか、「枚方市公民連携プラットフォーム」を活用して、民間事業者等の先進的な取り組みや先端テクノロジーを体感できる事業を実施する。

(対象)
小学生・中学生
(担当課)
企画政策室(地域活性化担当)



まちづくり体験事業

事業費総額3,000千円/基金繰入額3,000千円

SDGsの推進をはじめ、まちづくりに関する社会的課題とその解決策について、未来のまちづくりの担い手である中高生や大学生が自ら考え、検討したアイデアを提案いただき、市や民間事業者が連携して具現化する。若い世代が自らのアイデアでまちづくりの施策が実現するプロセスを体験する機会を創出することで、持続的なまちづくりの担い手の育成を図る。

(対象)
中学生・高校生・大学生
(担当課)
企画政策室(地域活性化担当)



枚方市こども夢基金活用事業報告

枚方市こども夢基金活用事業は次のとおりです。


こども夢基金の活用事業への別ルート