ページの先頭です
メニューの終端です。

緊急事態宣言の解除を受けて(市長メッセージ)【6月21日】

[2021年6月21日]

ID:35457

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

緊急事態宣言の解除を受けて(市長メッセージ)【6月21日】

再生時間:4分

枚方市長の伏見隆です。

4月25日に大阪府に発出された、3回目の「緊急事態宣言」が6月20日にようやく解除となりました。

現在の市内における新規感染者数は、ピーク時に比べ大幅に減少しています。これまで、長期間にわたり、市民・事業者の皆様に、不要不急の外出自粛や休業要請など感染拡大の防止に多大なるご協力をいただいたこと、また、重症者が病床数を上回り医療提供体制がひっ迫する状況の中、奮闘いただいた医療従事者をはじめ保健、福祉など最前線の現場で働く皆様のおかげであり、心から感謝を申し上げます。

しかしながら、今なお重症者も含め多くの方が療養されている状況に加え、変異株の影響等により感染が再拡大する恐れもあるとして、本日6月21日からは枚方市を含む府内33市を対象に「まん延防止等重点措置」に移行します。感染リバウンドを防ぎ、市民・事業者の皆様にはいざというときに救急医療や必要な医療を待つことなく受けれるよう、引き続き、感染対策の徹底や不要不急の外出自粛、また時短営業などにご協力いただきますようお願いいたします。

このたびの宣言解除に伴い、長らく休止していた市公共施設や主催イベント等を再開いたしますが、本市では今後も、社会機能の維持や経済的課題を克服できるよう、感染防止対策をさらに推し進めながら、大変厳しい状況が続く地域経済の立て直しに取り組んでまいります。

さて、新型コロナワクチン接種につきましては、接種方法やスケジュールなど、その状況は日々目まぐるしく変化しております。本市におきましても、広報ひらかた臨時号でワクチン接種のスケジュールをお示ししたところですが、65歳以上の方々への接種状況や、国・府の大規模接種会場等の動向を踏まえ、接種券の発送を前倒ししました。ワクチン接種の効果は医療機関や施設での集団発生を防ぐことが期待されています。感染の再拡大を防ぐため、希望される皆様に1日でも早くワクチンを接種いただけるよう、作業を進めております。

「必ず乗り越える、コロナの先へ。」市民の皆様が安心して生活ができるよう、市役所一丸となって全力で取り組んでまいりますので、市民の皆様におかれましても引き続きご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。




令和3年6月21日

枚方市長サイン

For Foreigners(外国人の方へ)

これまでの市長メッセージ

関連ページ