ページの先頭です
メニューの終端です。

あなたに涼の、おすそわけ。

[2020年7月31日]

ID:31316

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

枚方市では、二十四節気の大暑に当たる7月22日(木)から処暑の8月23日(月)までを打ち水期間として、枚方市内各所で打ち水を行います。

夏らしい体験活動として、ぜひご自宅などで打ち水をお試しください。

そもそも打ち水って

打ち水とは、昔ながらの日本の夏の風物詩で、水の「気化熱」を利用して地面を冷やす取り組みです。

地面が冷やされることにより、周りの気温が下がる効果があります。

その他にも、打ち水で撒いた水が蒸発することにより上昇気流が生じ、風が吹き、涼しく感じられたり、打ち水をしている姿そのものが人に涼感を与えるといわれています。

効果を高めるために

打ち水は、夕方に行うのが効果的といわれています。

太陽が沈み、気温が下がっていくのと同時に打ち水を行い、地面の熱をとることでより効果的に温度を下げることができます。

また、打ち水をする際には、お風呂の残り湯や、溜めた雨水などを使うと、より環境に優しい取り組みになります。


市による打ち水「みんなで打ち水」

7月26日(月)と、8月23日(月)の16時から30分程度、市役所前のふれあい通りで市職員による打ち水を実施します。

打ち水の涼を体験することができますので、市役所周辺にご用事のある方は、ぜひふれあい通りを歩いてみてください。

枚方市地球温暖化対策協議会会員による打ち水

打ち水期間中、枚方市と、市内127社の企業で構成する、枚方市地球温暖化対策協議会の各会員事業所で打ち水を実施します。

市施設による打ち水

打ち水期間中、市の公共施設で打ち水を実施します。

お問い合わせ

環境政策室(環境保全担当)(直通)

電話: 050-7102-6003

ファクス: 072-849-1206

お問い合わせフォーム