ページの先頭です
メニューの終端です。

マイナンバーカード(個人番号カード)の手続き

[2018年11月12日]

ID:17241

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マイナンバーカード(個人番号カード)の手続き

マイナンバーカードを紛失、住所・氏名に変更があった場合

枚方市役所市民室および津田・香里ケ丘・北部の各支所で、マイナンバーカードの記載内容の変更・継続利用手続き・一時停止解除および暗証番号の変更・再設定を行っています。

なお、盗難にあった場合や外出中に紛失した場合には、直ちに警察に届け出てください。その後、届出受理番号の記載されている控えをお持ちの上、市民室または各支所へお越しください。

マイナンバーカードを盗難・紛失された際は直ちにマイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)にお電話の上カード一時停止の手続きをしてください。なお、一時停止の解除をご希望の際は、市民室または各支所へお越しください。

マイナンバーカード券面記載事項変更・継続利用について

転入・転居による住所変更があった場合、戸籍届出による氏名・性別等に変更があった場合はカードの券面記載変更・継続利用手続きを行うことによって、お持ちのカードを継続して利用することが出来ます。

 *転入の届を出されてから90日以上経過している場合は継続利用できません。

*転入した日から14日を経過した後に転入届けを行った場合、転出予定日から30日以上経過した後に転入届けを行った場合は継続利用できません。

届出人

  • 本人

  • 法定代理人(15歳未満の者及び成年被後見人の場合は、法定代理人が届出を行う)

  • 任意代理人

 ※住所または氏名の変更に伴い「署名用電子証明書」は自動失効します。「署名用電子証明書」の発行手続きも併せて行う場合は本人からの申請が必要になります。

必要なもの

  • 本人のマイナンバーカード(暗証番号の入力が必要です。)

*任意代理人が申請を行う場合、委任状、代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)が必要です。また、暗証番号の照合が必要なため、暗証番号を封緘しご持参ください。暗証番号の照合が出来ない場合は申請を受け付けることが出来ません。

*法定代理人(別世帯の場合)が申請を行う場合、法定代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)が必要です。また、法定代理人の資格を証する書類も併せて必要になります(住民票や本籍地が管内で確認できる場合は不要)。また、暗証番号の照合が必要です。

マイナンバーカード一時停止解除について

マイナンバーカード発見した場合、紛失時に手続きしていただいたカード機能一時停止の解除が必要です。

※マイナンバーカードの廃止後に発見された場合は、一時停止解除は出来ません。

※署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書の一時停止解除は別手続きとなります。

届出人

  • 本人
  • 法定代理人(15歳未満の者及び成年被後見人の場合は、法定代理人が届出を行う)
  • 任意代理人*

*任意代理人が手続きをする際は、本人が記入した「個人番号カード一時停止解除届」が必要なほか本人宛に照会書を発送して暗証番号を確認するため、即日での手続きは出来ません。詳しい手続き方法は下記の「代理人による申請について」を参照ください。

必要なもの

  • 本人のマイナンバーカード(暗証番号の入力が必要です。)

*法定代理人が申請を行う場合、法定代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)(A2点、もしくはA・Bを各1点、またはBを3点(うち1点はB1のもので、またうち1点は写真付きのもの)が必要です。また、法定代理人の資格を証する書類も併せて必要になります。(住民票や本籍地が管内で確認できる場合は不要)

マイナンバーカード暗証番号変更・再設定について

マイナンバーカードの暗証番号は変更することが出来ます。また、暗証番号を忘れた場合、または暗証番号誤入力によりカードがロックされた場合は再設定をすることができます。

※署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書の暗証番号変更・再設定は別手続きとなります。

届出人

  • 本人
  • 法定代理人(15歳未満の者及び成年被後見人の場合は、法定代理人が届出を行う)
  • 任意代理人*

*任意代理人が手続きをする際は、本人が記入した「個人番号カー ド暗証番号変更・再設定申請書」が必要なほか本人宛に照会書を発送して暗証番号を確認するため、即日での手続きは出来ません。詳しい手続き方法は下記の「代理人による申請について」を参照ください。

必要なもの

  • 本人のマイナンバーカード(暗証番号の入力が必要です。)

*法定代理人が申請を行う場合、法定代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)(A2点、もしくはA・Bを各1点、またはBを3点(うち1点はB1のもので、またうち1点は写真付きのもの)が必要です。また、法定代理人の資格を証する書類も併せて必要になります。(住民票や本籍地が管内で確認できる場合は不要)

マイナンバーカードの在留期間更新に伴う有効期間変更について

個人番号カードの交付を受けた後、在留期間が延長された外国人住民(特別永住者は除く)は個人番号カードの有効期間を変更することができます。

また、在留期間の更新許可申請中の場合、2ヶ月間の有効期間延長処置を受けることが出来ます。

届出人

  • 本人

  • 法定代理人(15歳未満の者及び成年被後見人の場合は、法定代理人が届出を行う)

  • 任意代理人

 ※在留資格・在留期間の変更に伴い「署名用電子証明書」は自動失効します。「署名用電子証明書」の発行手続きも併せて行う場合は本人からの申請が必要になります。

必要なもの

  • 本人のマイナンバーカード

  • 本人の在留カード(更新後のカードまたは、更新許可申請中である事が確認のとれる状態の物)

*任意代理人が申請を行う場合、委任状と代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)が必要です。また、暗証番号の照合が必要なため、暗証番号を封緘しご持参ください。暗証番号の照合が出来ない場合は申請を受け付けることが出来ません。暗証番号の入力が出来ない場合は申請を受け付けることが出来ません。

*法定代理人(別世帯の場合)が申請を行う場合、法定代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)が必要です。また、法定代理人の資格を証する書類も併せて必要になります(住民票や本籍地が管内で確認できる場合は不要)。また、暗証番号の照合が必要です。


代理人による申請について

任意代理人によるマイナンバーカード券面記載事項変更・継続利用、暗証番号変更・再設定、一時停止解除の手続きについて。

マイナンバーカード暗証番号変更・再設定、マイナンバーカード一時停止解除の任意代理人による手続きに関しては、本人が記入した各申請書が必要なほか、暗証番号の確認と申請に対する本人への意思確認をするため申請受け付け後に本人宛に照会書を発送するので、即日での手続きは出来ません。

一回目の来庁時に必要なもの

  • 本人が記入した申請書(申請書は当ホームページからダウンロードしていただくか、本庁・各支所から取得してください。)

  • 本人のマイナンバーカード
  • 代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)


二回目の来庁時に必要なもの

  • 市からの照会に対する回答書(委任状も兼ねています。暗証番号が記入されているため封緘して持参ください)

  • 本人のマイナンバーカード

  • 本人の本人確認書類(別ウインドウで開く)(マイナンバーカードと他A又はB1のものをもう一点)

  • 代理人の本人確認書類(別ウインドウで開く)(A2点、もしくはA・Bを各1点、またはBを3点(うち1点はB1のもので、またうち1点は写真付きのもの)

  • 手続きをされるマイナンバーカードの名義人本人の来庁が困難であることを証明する書類(診断書、障害者手帳、施設の入所証明書)

    症状や障害の内容により、代理人による手続きをお断りする場合もありますので、予めご相談ください。出張等お仕事の都合や、旅行、海外留学等、または一時的な入院や外出不能を理由とする場合は任意代理人による手続きはできません、ご了承ください。


券面記載事項変更・継続利用、暗証番号変更、一時停止解除の手続きには暗証番号の確認が必ず必要です。お忘れの場合は再設定の申請も必要になります。