ページの先頭です
メニューの終端です。

緊急事態宣言に伴う対応について(市長メッセージ)【1月14日】

[2021年1月14日]

ID:33652

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

緊急事態宣言に伴う対応について【1月14日】

再生時間:2.5分

皆様こんにちは。枚方市長の伏見隆です。

さて、国は昨日、大阪府をはじめ7府県に対して「緊急事態宣言」を発令しました。新型コロナウイルスの全国的な感染拡大に歯止めがかからない中、首都圏に次ぐ発令で、期間は2月7日までとしています。

大阪府はこれに基づき、感染状況の独自指標「大阪モデル」の非常事態を示すレッドステージを「2」に移行し、期間を本日1月14日から、緊急事態宣言と同じ2月7日までとして、その対応方針を決定しました。

ここではまず、府民の皆様に対し、不要不急の外出および移動を控えることの徹底を呼び掛けています。

また、これまで大阪市内を対象としていた飲食店や遊興施設の営業時間短縮の要請が、大阪府全域に拡大されました。よって枚方市内におきましても、終了時間は午後8時まで、酒類の提供は午後7時までにお願いすることとなりました。

本市としましては、この方針について市民の皆様へ周知を行うとともに、独自に継続している市所管施設の利用や市主催イベントの中止または延期の措置につきましても、緊急事態宣言の期間と同じ2月7日まで延長することを決定しました。また、市役所業務も出勤者数の最大7割削減に努めることとし、可能な限り在宅勤務、テレワークを行ってまいります。

今回の措置は、何といっても医療崩壊を防ぐことが目的です。感染拡大は年が明けても一向に収まる気配を見せず、本市の感染者数も連日二ケタを記録しており、すでに1000人を超えました。そして大阪府では、重症者の増加とともに医療現場のひっ迫が深刻な状況です。このままでは、救われる命が救われない状態に陥ってしまいかねません。

市民の皆様にはさらにご不便を強いることになりますが、この状況をご理解いただき、緊急事態宣言中における不要不急の外出や移動の自粛を、よろしくお願いいたします。

この苦しい局面を、力を合わせて乗り切りましょう。


令和3年1月14日

枚方市長サイン

For Foreigners(外国人の方へ)

これまでの市長メッセージ

関連ページ