ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    出展イベントについて

    • [公開日:2024年5月17日]
    • [更新日:2024年5月17日]
    • ページ番号:49479

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    参加予定

    参加報告

    「枚方宿くらわんか五六市」(5月12日)にブースを出展

    5月12日、時々小雨の降る中、ひらかた歴史街道では「枚方宿くらわんか五六市」が開催され、ごみ減量啓発ブースを出展させていただきました。
     ブースでは、水切りをすることでごみ減量に取り組んでいただけるよう「水切り袋」などのごみ減量グッズや、食べ物に「もったいない」の気持ちをお持ちいただけるよう「野菜の種」などを配布し、ごみ減量へのご協力をお願いしました。
     あいにくの天候にもかかわらず多くの方が来場され、用意していたグッズは途中でなくなるなど大変好評でした。
     ブースに来られた方からは「おいしい野菜ができるよう子供と頑張ってみます。」「陶器類の回収が始まるのは助かります。」などの感想をいただきました。




    「2024枚方市緑化フェスティバル」(4月20日)~木工廃材活用ボランティアと一緒にリユース・リサイクルを紹介~

     4月20日、初夏のような日差しの中、ニッペパーク岡東中央で開催された「2024枚方市緑化フェスティバル」にリユース啓発ブースと、木工廃材活用ボランティアによるリサイクル啓発ブースを同時出展し、リユースとリサイクルの啓発活動を実施しました。
     出展ブースは多くの方にお立ち寄りいただき、”誰もができるリユース活動”をテーマに用意した啓発グッズ(花・野菜の種等、約1600枚)やリサイクル品もすべてなくなるほどの大盛況でした。一人用テントやおもちゃなど粗大ごみに含まれていた再使用可能なものも、リユース品として約20点(45.3kg)お譲りすることができ、また枚方市と連携協定を締結する地域密着掲示板サイト「ジモティー(別ウインドウで開く)」の活用方法の説明や関連グッズを配布しました。
     当ブースに来られた方とお話していると、「いただいたものを大切にします」「ジモティー利用してみます」など、うれしいお声をいただきました。今後もさまざまなイベントに参加していきますので、ごみの減量にご理解・ご協力をお願いします。イベント参加予定はこちら★




    「FCティアモ枚方」ホーム開幕戦(3月10日)を応援!

     3月10日、まだ肌寒さを感じる中、枚方市のリユースPRについて「FCティアモ枚方」の皆さんには、その趣旨に賛同と協力をいただき関連ブースを出展させていただきました。
     たまゆら陸上競技場には、1000人を超えるサポーターが駆け付け賑わいを見せる中、試合会場前には、リユース啓発ブースを設置。
     リユース関連グッズの配布や粗大ごみに含まれていたリユース品(再使用可能品)を展示し、必要な方へお譲り(無料)させていただきました。
     お譲りできたリユース品は、健康器具など計8点(11.6kg)「こんなに綺麗なものがごみなんですか?」「もったいないですね!」と皆さんビックリ!?

    FCティアモ枚方開幕戦でのブースの様子



    「枚方宿くらわんか五六市」(3月10日)にブースを初出展

     3月10日、ひらかた歴史街道では「枚方宿くらわんか五六市」が開催され、当課リユース啓発ブースを初出展させていただきました。
     啓発ブースでは、市と連携協定を締結する地域密着掲示板サイト「ジモティー」の活用方法の説明や関連グッズを配布しました。
     配布した花・野菜の種は大好評。1500枚用意した種付きチラシは午前中で底をつくような状況でした。当ブースに来られた方にお話を伺ったところ、「まだ使えるものを簡単にごみにしないよう気を付けます。」「ジモティーサイトをのぞいてみます。」といった感想等をいただくことができました。

    五六市でのブースの様子



    「パナソニックパンサーズ×ひらかた万博(3月2日)」 ー パンサーズと心を一つに! -

    春暖の温かな日差しが差し込む3月2日・3日の両日、パナソニックアリーナでは、パンサーズ×ひらかた万博としてホームゲームが開催されました。

    循環型社会推進課では3月2日に「~リユースでつなぐSDGs~」として関連ブースを出展。粗大ごみに含まれていた再使用可能なリユース品を持参し、必要とする方へお譲りしています。

    ブースの出展に際し、パンサーズの皆さんからは「SDGsの実現に向けて私たちも何か協力できれば」と、展示・提供するリユースチェアの背もたれに、一人ひとり心を込めてサインを書き込んでいただきました。

    まだ使えるものを無駄にしないリユース行動は、インターネットオークションや不用品交換掲示板サイト、リサイクルショップなどを利用する一部の方にしか定着していません。この行動を習慣化するため、来場された皆さんに、今できる行動変容を提案させていただいたものです。

    パナソニックパンサーズ公式キャラクター「パピネス」

    リユースチェアにいただいたサイン


    サイン入りリユースチェアのうち1脚は、ゲーム終了後に行った「じゃんけん大会」に勝利した和歌山県からお越しの方がゲットされ「家宝にします!」と話されていました。



    参加予定

    6月2日(日)「FCティアモ枚方」市民応援DAY
          FCティアモ枚方vs高知ユナイテッドSC

    ※リユース行動の習慣化へ向けて啓発グッズ(水切り袋等)の配布を予定しています。

    SDGsの実現へ向けて、また、住みたい、住み続けたいまち「枚方市」を目指し、ごみの減量を推進してまいります。

    多くのご来場お待ちしております。