ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    3月1日、山梨で「マイカタちゃいます、」出張調査を決行!

    • [公開日:2019年10月24日]
    •   
    • [更新日:2022年4月12日]
    • ページ番号:20360

    山梨のみが回答ゼロ…これは直接調査するしかない!

    再生時間:約3分

    2018年に実施した枚方を「ひらかた」と正しく読める人がどれだけいるかを調べる「マイカタちゃいます、」調査。集計の結果、全国で山梨県だけ回答者がいないという結果に「これは現地で追加調査するしかない!」とひこぼしくんと市職員が山梨県の県庁所在地である甲府市に出張し、調査を行いました!  調査場所はJR甲府駅南口にある、甲斐国の英雄、武田信玄公像前。初の山梨出張に燃えるひこぼしくん。そしてなんと、甲府名物「鳥もつ煮」PRキャラクター「とりもっちゃん」も応援に駆けつけてくれました。

    開府500年の甲府市が惜しみない協力!

    昨年5月から9月末にかけて実施した全国「マイカタちゃいます、」調査の結果、全都道府県のうち山梨のみが回答ゼロに。「こうなったら直接行って調査するしかない」と甲府市さんに相談しました。

    枚方市からの突拍子もない相談に、甲府市シティープロモーション課は「ユニークな取り組みで面白いですね。甲府市は今年開府500年という大きな節目を迎えるのでお互いのまちをアピールできれば」と快諾いただき、実現しました!

    3月1日、JR甲府駅で調査!その結果は…

    なんと読みますか?

    道行く人へ「枚方」の読み方を直接調査!職員はひらかたパークの枚方パーカーに着替え気合い十分です。「なんと読みますか?」「え?うーん…」。結果、昼から夕方までかけて、ちょうど目標の100人に聞くことができました!

    まい…かた…

    平日の夕方ということもあり駅前には下校途中の小中高生がたくさん。「何て読むかわかる?」「…マイ…カタ…」。100人中、「マイカタ」と読んだ人は31人でした。

    かぞえかた!

    1分以上悩んだ末「…かぞえかた!」と呼んだ高校生も。山梨市の20代男性は「ほくほう」と新しい誤読を生み出してくれました!

    ひらかたパーク、知らない

    「ひらかたパークって聞いたことないですか?」「知らないです」「そうですか…」。10代以下は53人中14人の26%しか読めませんでした。

    正しく読めた

    20~30代は67%、40代以上は8~9割の人が「ひらかた」と正しく読めました。全体では100人中52人が正しく読めました。

    うまいかた棒

    調査に協力してくれた人には枚方のPRパンフレットやオリジナルクリアファイル、そしてうまい棒とのコラボ菓子「うまいかた棒」をプレゼント。皆さん喜んでくれました。

    感激!

    終始子どもたちに囲まれ大人気だったひこぼしくん。枚方からやってくることを地元の報道で知り、わざわざお土産を持ってきてくれた人までいました。感激!

    はい、チーズ!

    女の子とハイ、チーズ!カメラを向けている女の子のお母さんは「ひらかた」と読んでくれました。ひらかたパークのこともご存知でした。良かったー。

    テレビ生出演

    UTYテレビ山梨の情報番組「ウッディタウン6丁目」に生出演。「枚方市」と書かれたパネルを持ちカメラに向かってアピール。地元の人気タレント「みなみおばちゃん」(右端)は何度も「ひらかたし!ですからね」と言ってくれていましたよ。

    甲府市役所前

    このほかニュース番組や地元紙にも取り上げられ、枚方を猛烈にアピールできた山梨での1日。この調査は甲府市シティプロモーション課の皆さんの協力なしには実現できませんでした。本当にありがとうございました!これからも枚方のPR、頑張ります!!(by ひこぼしくん)

    甲府のゆるキャラ「とりもっちゃん」が縁とりもつ

    とりもっちゃんとえん丸くん

    甲府市には山梨名物「鳥もつ煮」を広めることを目的に、恋人や家族、地域などあらゆる縁を取り持つことが使命のゆるキャラ「とりもっちゃん」がいます。
    今回の取り組みは、枚方市と甲府市の縁を「とりもつ」形で「とりもっちゃん」も調査に同行してくれました。ありがとうございます!
    ちなみに甲府市の「市の鳥」は、枚方市と同じカワセミです!