ページの先頭です
メニューの終端です。

平成31年1月より食事証の発行を始めます

[2019年1月4日]

ID:22408

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

入院時の食事療養費(食事代)について

ひとり親家庭医療費助成および重度障害者医療費助成は、入院時の食事代は助成対象外としていますが、中学3年生(15歳に到達した最初の3月31日)までの人については、いったん病院へ食事代の支払いを行ったのち、申請により返金しています。

平成31年1月より新たに交付する、「食事療養標準負担額助成証明書(食事証)」を医療証とともに病院(注1)で提示することで、食事代(注2)の支払いが不要となります。

(注1)大阪府内の病院のみが対象となります。大阪府以外の病院で入院した場合は、従来通り払い戻しの申請が必要です。

(注2)「食事代」とは、食事療養標準負担額(額は所得区分等により異なります)のみを指します。

対象となる人・交付手続き方法

・ひとり親家庭医療および重度障害者医療の受給者で、中学3年生(15歳に到達した最初の3月31日)までの子どもが対象となります。

・子ども医療証(入・通院)をお持ちの方は、食事証の交付は必要ありません。

・対象となる方には、申請書と制度案内を1月初旬に送付しますので、証の交付が必要な方は、医療助成課まで郵送または持参し手続きをしてください。なお、証の発行は1月下旬からとなります。

交付手続きに必要なもの

・印鑑

・ひとり親家庭医療証または重度障害者医療証


お問い合わせ

医療助成課

電話: 072-841-1359

ファクス: 072-841-3039

お問い合わせフォーム