ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    猫不妊手術費用の一部補助

    • [公開日:2023年5月31日]
    • [更新日:2024年2月2日]
    • ページ番号:1616

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    枚方市では、猫の不妊手術(避妊・去勢手術)を行った飼い主等に、その手術費用の一部を補助します。

    この制度は、枚方市猫不妊手術費補助金交付要綱に基づき、動物愛護の精神および動物の適正な飼養の啓発を図るとともに、生活環境の保全に役立てることを目的としています。

    「猫」と「地域猫」について補助します。地域猫については以下のページをご覧ください。

    地域猫の不妊手術費用の一部補助について

    ※犬の不妊手術についての補助は平成28年度に廃止いたしました。

    ※※申請期間が終了間際です※※

    令和5年3月1日から令和6年2月29日までに行った猫の不妊手術の申請について

    ※※令和6年2月末までに手術した猫の申請期間は令和6年3月29日の17時30分までです※※

    ※※それ以降は申請を受け付けることはできませんのでご注意ください※※

    補助金額

    補助金額は、1匹につき次の表のとおりです。ただし、不妊手術費が補助金額を下回る場合は、その実費額になります。

    補助金額
    猫の区分補助金額
    特定の飼い主のいない猫
    (耳のV字カットを行った場合)
    5,000円
    特定の飼い主のいない猫
    (耳のV字カットを行っていない場合)
    3,500円
    飼い猫3,500円

    ※耳のV字カットを行っていても飼い猫であれば3,500円になります。

    ※令和5年3月1日から令和5年3月31日までに不妊手術を行っている場合はすべての猫の区分について3,500円になります。


    ※予算額の上限に達するか申請期間が終了すると補助金の交付はできません。

     特定の飼い主のいない猫(耳のV字カットあり):600匹程度、飼い猫及び特定の飼い主のいない猫(耳のV字カットなし):300匹程度を想定していますが、予算額の上限に達した時点で、令和6年2月29日までに行った手術にかかる申請の受付は終了となります。

    ※残り匹数の目安:令和6年1月30日時点

            特定の飼い主のいない猫(耳のV字カットあり):395匹程度

            飼い猫・特定の飼い主のいない猫(耳のV字カットなし):197匹程度

    申請の条件

    1. 令和5年3月1日~令和6年2月29日に不妊手術を行い、その手術を行った獣医師の証明があること。
    2. 申請者が枚方市内に住民登録を有していること。 
    3.  枚方市内で飼っているまたは枚方市内で保護・捕獲した猫に、枚方市内の獣医師で不妊手術を行っていること(営利目的の場合を除く)。 
    4. 猫の全身が写った写真を、申請書裏面に貼付すること。※特定の飼い主のいない猫に耳のV字カットを施した場合(補助金額:5,000円)は、手術前の写真と耳のV字カットが鮮明に分かる手術後の写真の各1枚が必要です。
    5. 令和5年6月1日以降、申請書(枚方市猫不妊手術費補助金交付申請書)を提出すること(郵送不可)。
    6. 申請期間は令和6年3月29日 17:30まで(ただし、申請期間中であっても予算額の上限に達した時点で、令和6年2月29日までに行った手術にかかる申請の受付は終了します。)

    耳のV字カットが鮮明に分かる写真の例

    申請方法

    必要なもの

    • 申請書(必要事項を記入したもの、郵送不可) 
    • 申請者住所のわかるもの(運転免許証・健康保険証等)
    • 振込先となる金融機関の通帳(ゆうちょ銀行は不可)
    • 手術費がわかる領収書等(宛名・手術項目・手術費用が明記されたもの)

    以上を受付場所にお持ちください。

    ※申請書は、枚方市保健所 保健衛生課および枚方市内の動物病院の窓口にあります。

    申請期間・受付場所

     2023年6月1日 午前9時から2024年3月29日 午後5時30分まで

     枚方市保健所(枚方市大垣内町2-2-2) 保健衛生課 

    申請者への補助金交付方法

    提出された申請書を審査したのち、その適否を申請者に通知します。申請が適正で、市長が交付を決定した申請者に対しては、申請書に記載してある預金口座に補助金を振り込みます。