ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    枚方宿にぎわい創出施設についてのサウンディング調査を実施します

    • [公開日:2022年11月9日]
    • [更新日:2022年11月9日]
    • ページ番号:46473

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    民間事業者の皆様の活用アイデアや参加しやすい事業条件等のご意見をお聞かせください

    本市では、幼児療育園跡地を活用し、枚方宿と周辺の観光資源を有機的につなぎ、枚方市駅周辺や淀川などを含めた周辺地域全体の回遊性の向上と賑わいの創出を図っていくことを目指しており、施設の集客性、事業の継続性などを勘案し、民設民営による施設の整備を考えています。

    そこで、民間事業者の皆様との対話を通じて、本件土地を活用するための事業アイデアや、参加しやすい事業条件等を把握することにより、今後の跡地活用に活かすことを目的にサウンディング型市場調査を実施します。ぜひ、ご参加ください。

    旧幼児療育園
    旧療育園

    1.調査の目的等

    (1)背景

     枚方市幼児療育園跡地(以下「本件土地」という。)は、かつて東海道56番目の宿場町として栄え、本市発展の礎となった枚方宿に立地しています。

     枚方宿は本市の中心市街地に位置しており、毎月第二日曜日には「枚方宿くらわんか五六市」が開催され、こだわりの手づくり市として、200軒以上の出店と8,000人以上の集客があるとともに、近くにはひらかたパーク(130万人/年の入場者)や国営淀川河川公園などの観光資源があります。

     そこで本市では、現在、未利用となっている本件土地を活用し、枚方宿と周辺の観光資源を有機的につなぎ、枚方市駅周辺や淀川などを含めた周辺地域全体の回遊性の向上と賑わいの創出を図っていくことを目指しています。

    (2)目的

     本件土地は枚方宿の中程にあり、京阪本線枚方市駅と枚方公園駅からそれぞれ徒歩10分以内の距離にあることから、その活用については、本市の観光まちづくりに資する効果的な活用を図りたいと考えています。また、施設の集客性、事業の継続性などを勘案し、民設民営による施設の整備を考えています。

     そこで、サウンディング型市場調査として、民間事業者の皆様との対話を通じて、本件土地を活用するための事業アイデアや、参加しやすい事業条件等を把握することにより、今後の跡地活用に活かすことを目的に実施します。

    2.対象用地・施設の概要

    対象用地・施設の概要

    所在地

    枚方市三矢町322番

    土地面積

    716.73平方メートル

    既存建物の概要

    構造:鉄筋コンクリート造

    階数:地上2階

    延床面積 457.10平方メートル

    建築年  昭和45年

    ※ 市が費用負担し、事業者にて撤去を想定

    都市計画等による制限

    用途地域:第2種住居地域

    建ぺい率:60% 

    容積率:200%

    準防火地域

    景観重点区域(枚方宿地区)

    ※その他、一部図面等について観光交流課窓口(市役所別館3階)で閲覧可能です。

    既存建物の図面等について

    3.スケジュール

    スケジュール

    実施要領の公表

    令和4年9月20日

    現地見学・説明会の参加申込期限

    令和4年9月27日

    現地見学・説明会

    令和4年9月29日

    質問の受付

    令和4年9月26日~10月7日

    サウンディングの参加申込期限

    令和4年10月24日

    事前サウンディングシートの提出

    令和4年10月31日

    サウンディングの実施

    令和4年11月4日・11月7日

    実施結果概要の公表

    令和4年11月下旬

    ※サウンディングの参加申込期限を令和4年10月21日と表記していましたが正しくは10月24日です。要領等も差し替えております(令和4年10月5日)。訂正してお詫び申し上げます。

    詳細は実施要領をご確認ください