ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    和歌山市紀の川の水管橋崩落事故による断水に伴う応援給水派遣について

    • [公開日:2021年10月12日]
    •   
    • [更新日:2021年10月12日]
    • ページ番号:36817


    【和歌山市への給水活動が終了】

    和歌山市の断水していた地域で給水が復旧し飲用が可能となり、各地域から応援されていた給水車については、順次撤収していくこととなったことから、枚方市の給水応援も10月11日の活動をもって終了することとなりました。

    和歌山市への給水活動は、給水車1台(1,600リットル)と職員3人を派遣し、4日から11日の延べ8日間、小学校、保育施設、福祉施設等の施設に水を届けました。

    派遣した職員からは、「断水で困っておられる方々に少しでも水を届けることができてよかった」「枚方市で起こらないよう、日ごろからの保全と計画的な更新が大切だと感じた」と話していました。

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    【和歌山市での活動内容】                                      

                                      (和歌山市紀の川水管橋崩落現場の様子)



    枚方市は和歌山市紀の川の「六十谷(むそた)」水管橋」が破損し一部が落下した崩落事故に伴い、市北部の約6万世帯で断水が生じたことにより、公益社団法人日本水道協会を通じて応援要請を受けました。

                                     

                                           (和歌山市内へ到着した給水車)



    要請を受け、枚方市は10月4日(月)より連日上下水道局職員3名、給水車(容量1600リットル)1台を派遣し、小学校や保育施設、福祉施設の受水槽への給水や和歌山市民への給水活動を行っています。


                           (給水活動の様子)

    和歌山市内の1日でも早い復旧のため、枚方市は今後も引き続き応援活動を行っていきます。