ページの先頭です
メニューの終端です。

1月13日の緊急事態宣言を受けて(議長・副議長メッセージ)

[2021年1月14日]

ID:33669

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


全国では、新型コロナウイルス感染症の感染が急激に拡大し、本市においても現在の累計で約1,000名の感染が確認される中、1月13日、国から大阪府を含む7府県に対し、4都県に続いての「緊急事態宣言」が再び発令されました。 

市議会といたしまして、お亡くなりになられた方々やご家族に対し、深く哀悼の意を表しますとともに、罹患された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

また、この間、昼夜を問わず従事いただいている医療関係者の皆様に対し、深く感謝を申し上げます。 

市民の皆様におかれましては、これまでもマスクの着用や手指の洗浄・消毒など、新しい生活様式の実践や、外出自粛、3密の回避など、積極的に感染防止対策を行っていただいておりますが、「緊急事態宣言」の発令により、再び、不要不急の外出や移動を控えるなど、制約のある日常を送らざるを得なくなりました。

どうかこれまで以上に、「命を守る」ことを最優先に、創意工夫をしていただき、感染しない、させない行動をとっていただきますよう、お願いをいたします。 

また、このような中、悲しいことではありますが、感染者やそのご家族、そして医療関係者の方々への偏見や中傷が生じています。

新型コロナウイルス感染症は、感染経路の特定が困難であり、強い感染力を有する変異種も確認されるなど、いつ誰が罹患しても不思議ではない状況です。このような時だからこそ、差別や誹謗中傷が生じないよう、お互いに思い合い、いたわり合い、支え合い、心を一つにして乗り越えていただきたいと思います。 

私たち市議会としましても、今まで以上に、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する取り組みを強化するとともに、市と連携・協力し、市民の皆さまが安全で安心して生活が送れる日が一日も早く実現できるよう、総力を挙げて取り組んでまいります。

 

 令和3年1月14日

枚方市議会

議長 野村 生代

副議長 山口 勤