ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    令和元年度事務事業実績測定の概要について

    • [公開日:2020年8月31日]
    • [更新日:2021年9月1日]
    • ページ番号:31741

    事務事業実績測定の概要

    1.事務事業実績測定とは

    事務事業実績測定は、行政活動において事務事業ごとに投入したコストや人員とともに、施策目標の達成に向けての実績度(有効度)を把握するために実施しています。
    今回公表する実績測定の内容は、令和元年度に実施した事務事業に係るものです。

    2.事務事業実績測定の見直し

    行政活動の結果として、各事務事業が効率的・効果的に行われたかを確認する手段としてこれまでから事務事業実績測定を実施してきましたが、より正確に事務事業の効果を測定し、測定結果を事務事業の見直しや予算や事業選択の材料の一つとして活用できるよう、事務事業実績測定の見直しに着手しています。

    見直しの詳細については、次のとおりです。

    事務事業効果測定指標評価について(別ウインドウで開く)

    3.事務事業実績測定の結果

    (1)事務事業実績測定の一覧

    事務事業実績測定(令和元年度実績)における一覧については、次のとおりです

    ※令和元年度実績測定調書においては、一般事務事業はアウトカム指標を、その他の事務事業(庶務的内部管理事務を除く)はアウトプット指標を記載しています。

    ※指標によっては、令和2年度から測定を行うことを前提として設定したものがあり、この場合は実績や目標が「-」となっています。

    事務事業実績測定の概要

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    (2)事務事業実績測定調書

    各事務事業における個別の事務事業実績測定調書(令和元年度実績)は、次のとおりです。

    事務事業実績測定・部課別検索(別ウインドウで開く)

    個別の事務事業実績測定調書の説明は実績測定調書の見方をご覧ください。

    関連ページ