ページの先頭です
メニューの終端です。

枚方キッチンvol.24「ごんぼ汁」

[2018年9月26日]

ID:20973

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

江戸時代から続く郷土料理

ごんぼ汁

1人分のエネルギー71キロカロリー、たんぱく質6g

材料(4人分)

鶏肉(皮なし1cm角)/40g

ゴボウ/40g

ニンジン/40g

大根/40g

うす揚げ/30g

卯の花/12g

青ネギ/20g

酒/4g(小さじ1)

しょうゆ/12g(小さじ2)

塩/1.6g

だし汁/600g(水700gに削り節10g程度)

作り方

  1. ゴボウはささがきにして水にさらす。ニンジンと大根はいちょう切り、青ネギは小口切り、うす揚げは油抜きをして短冊切りにする。
  2. 削り節でだしをとる。
  3. 卯の花は少量のだし汁で溶いておく。
  4. だし汁に、鶏肉、ゴボウ、ニンジン、大根、うす揚げを順に加えて煮る。
  5. 調味料で味付けし、3と青ネギを加えて仕上げる。

江戸時代から続く郷土料理

ごんぼ汁は江戸時代、淀川を行き来する三十石船の客に「酒、くらわんか。ごんぼ汁、くらわんか」と言って売っていたゴボウ(ごんぼ)と卯の花を入れることが特徴のすまし汁のこと。おなかの調子を整える食物繊維が豊富です。
10月中旬に枚方の郷土料理給食として北河内地域の郷土料理「じゃこ豆」と、秋祭りによく食べられるサバス氏をアレンジした「焼きさば手巻き寿司」とともに提供します。また、10月の小学校給食ではサツマイモ・小松菜・チンゲン菜などの地元野菜を使用予定です。


おいしい給食課
電話:050-7105-8030 ファクス:072-851-1744