ページの先頭です
メニューの終端です。

ドメスティック・バイオレンス(DV)について

[2016年8月16日]

ID:7823

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者や親密なパートナーからの暴力のことです。「殴る」「蹴る」という身体的な暴力のほかに、大声で怒鳴ったり、無視したりというような精神的に追い詰める暴力もあります。また、行動を監視する行為、性的な暴力もDVに含まれます。「DVかもしれない」と思ったら、ひとりで悩まないで相談してください。

DV被害者のための相談窓口

枚方市配偶者暴力相談支援センター「ひらかたDV相談室」

DV相談専用電話番号:072-841-3134  ※2021年3月29日より電話番号が変わりました。

日時:平日 午前9時~午後5時30分

DV被害者のためのその他の相談窓口

大阪府女性相談センター

DV相談専用電話番号:(1)06-6949-6022 (2)06-6946-7890

日時:(1)午前9時~午後8時(年末年始・祝日を除く) (2)年間を通じて24時間対応

大阪府中央子ども家庭センター

DV相談専用電話番号:072-828-0277

日時:平日 午前9時~午後5時45分

身の危険を感じた時

枚方警察署(072-845-1234)、交野警察署(072-891-1234)

または、110番通報してください。被害者保護は24時間対応です。

メールやチャット、外国語で相談したいとき

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、外出自粛や休業などが行われている中、生活不安・ストレスにより、配偶者等からの暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されています。

内閣府ではDVに悩んでいる方が最寄りの配偶者暴力相談支援センターにつながる「DV相談ナビ」がありましたが、これに加えて、メールやチャットでも相談や連絡ができる「DV相談+(プラス)」が開始され、相談・支援体制が拡充されました。

画像をクリックするとDV相談プラスのページが開きます。

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です

「女性に対する暴力の根絶に向けて」のページが開きます。(別ウインドウで開く) 

女性に対する暴力や、DVが子どもに与える影響などについて、わかりやすく書かれているリンク先を掲載していますので、ぜひご覧ください。

新型コロナワクチン接種について

ドメスティック・バイオレンスの被害者で次に該当する方は、住民票の住所地以外でも新型コロナワクチンを接種できます。事前に下記申請書請求先への申し出が必要です。

(1)住民票が枚方市にあり、住民票地以外に在住している方

(2)枚方市に在住しており、住民票がある市区町村に届け出ることができない方

【申請書請求先】

枚方市新型コロナワクチン予約・相談コールセンター

  電話:0120-885-755(フリーダイヤル) FAX:072-894-8031

  日時:(9月末まで)毎日 午前9時~午後6時  (10月から)平日 午前9時~午後6時

新型コロナワクチン接種事務処理センター

  枚方市禁野本町2丁目13-13 保健センター4階 / 日時:平日 午前9時~午後5時30分