ページの先頭です
メニューの終端です。

「愛玩動物(ペット)が亡くなったときには」

[2017年4月10日]

ID:7094

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「愛玩動物(ペット)が亡くなった時には」

 愛玩動物(ペット)が亡くなった時には、収集にうかがうことができます(有料)。また、穂谷川清掃工場に持ち込むこともできます(無料)。 どちらの場合でも「粗大ごみ予約センター」に申し込みをしてください。(詳しくは、粗大ごみマニュアルをご覧ください。)

粗大ごみマニュアルはこちら(別ウインドウで開く)


 穂谷川清掃工場では、1968年から一般ごみ(可燃ごみ)焼却炉とは別に動物専用焼却炉を設け、動物遺骸の焼却を行っています。

 近年、家族の一員としてペットと暮らしている方から、ペットが亡くなった後、「動物遺骸はどのように焼却されるのでしょうか」また、「戸別に焼却はできないでしょうか」といった問い合わせをいただくようになりました。

 そこで、ペット遺骸等の持ち込み方法や焼却方法についてお知らせします。

穂谷川清掃工場でのペット(動物)遺骸の取り扱いについて

【予約方法】

持ち込まれる際は、事前に予約が必要です。

予約先 粗大ごみ予約センター フリーダイヤル 0120-66-8153

予約可能な曜日と時間帯は、月曜日から金曜日までの午前9時00分から午後7時00分までです。

【処理料金】

穂谷川清掃工場に直接持ち込む場合は、「ペット」・「のら」に関わらず無料です。

【注意事項】

 動物遺骸の焼却は、一定数が集まってから複数焼却しますので、「お骨上げ」や「副葬品の返却」はできません。動物遺骸を箱の中に納められる場合は、副葬品を入れないようにお願いします。(別にお供えください。)

 穂谷川清掃工場へ車やバイクでお越しの際、工場内はごみ収集車に注意して徐行してください。

 家畜や営利目的の動物遺骸は処理できませんので持ち込まないでください。

 戸別焼却等をお考えの方は専門事業者等へご相談ください。

【お別れの場所「絆(きずな)」】

 穂谷川清掃工場には動物専用焼却炉とは別に、最後のお別れの場所として「絆(きずな)」を設けています。

 お別れの場所「絆(きずな)」は、市民の皆さんに共同利用していただける場として設けています。持ち込まれる時間が重なった場合は、譲り合ってお使いください。


「愛玩動物(ペット)が亡くなったときには」への別ルート