ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    障害支援課のページ-住宅

    • [公開日:2020年4月1日]
    • [更新日:2022年8月12日]
    • ページ番号:1919

    福祉住宅等

    住宅に困っておられる低所得の方のために、府営住宅の総合募集があります。そのなかに、福祉世帯枠の募集があります。また、車いす常用の身体障害者(児)が住みやすいようにトイレ等に手すりを付けた車いす常用者世帯向け住宅もあります。
    募集期間等詳しいことは、関連情報からアクセスしてください。

    関連情報

    大阪府住宅供給公社ホームページ(別ウインドウで開く)

    大阪府営住宅枚方管理センターホームページ(別ウインドウで開く)

    福祉世帯向け住宅

    対象者

    申込者または同居しようとする親族が次のいずれかにあてはまる2人以上の親族で構成されている世帯

    身体障害者世帯、知的障害者世帯、精神障害者世帯、結核回復者世帯ほか

    車いす常用者世帯向け住宅

    対象者

    身体障害者手帳の下肢または体幹の機能障害の程度が高い方で車いす常用者がいる世帯

    【窓口】

    • 村野住宅
       日本管財株式会社 大阪府営住宅村野管理センター 電話072-807-6755 ファックス072-843-1765
    • 枚方市内の府営住宅(村野住宅を除く)
       株式会社東急コミュニティー 大阪府営住宅枚方管理 電話072-861-1091 ファックス072-861-1095

    重度障害者住宅改造助成

    障害者が在宅生活を送る上で、日常生活動作の改善や介護者の負担軽減を図るために住宅改造が必要な場合、その費用の一部を助成します。令和4年度は、前期分を4月18日(月)から8月31日(水)まで上限20件に達するまで受付します。後期分は9月1日(木)から12月28日(水)まで受付予定です。ただし、受付件数が上限に達し次第、募集は終了しますので、受付状況については下記窓口までお問合せください。

    利用できる場合

    • 車いすでの生活にあわせて段差をなくしたり、出入り口を広げたい
    • 浴槽の段差を低くして入浴しやすいようにしたい
    • 身体に障害があっても、部屋のドアを簡単に開閉できるようにしたい

    助成の対象となる工事

    • 便所、浴室、玄関、廊下、階段、台所、居室等の改造費用のうち必要と認めるもの。

    注意 新築増改築工事、老朽化による修繕工事、水洗化簡易水洗化の工事、すでに着工済みまたは完了済みの工事は対象となりません

    助成率

    対象となる工事費用に対し、生計中心者の前年分所得税額により助成率が異なります

    • 生活保護法による被保護世帯または前年所得税非課税世帯
       10割
    • 前年所得税額が0円超から4万円以下の世帯
       3分の2
    • 前年所得税額が4万円超から7万円以下の世帯
       2分の1
    • 前年所得税額が7万円超の世帯
       助成なし

    注意 1月から6月申請は前々年度所得税額が基準となります。

    助成額

    • 助成限度額は80万円(千円未満については切捨て)

    対象者

    市内に在住し、かつ住所を有する人で次の1~4の要件をすべて満たす方。

    1. 下記のいずれかに該当する方がおられる世帯
      (1)身体障害者手帳1級または2級
      (2)身体障害者手帳の下肢または体幹機能障害者で3級
      (3)療育手帳Aの知的障害者
    2. 生計中心者の前年の所得税額が7万円以下の世帯
    3. 持ち家、または借家の場合は所有者の改造承諾を得られること
    4. 住宅改造助成事業を過去に利用したことがない住宅

    要綱

    【窓口】障害支援課(別館1階) 電話072-841-1457、ファックス072-841-5123