ページの先頭です
メニューの終端です。

一般質問の順位と要旨

[2020年6月15日]

ID:179

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年6月定例月議会の一般質問は、6月19日(金曜日)・22日(月曜日)・23日(火曜日)・24日(水曜日)の4日間にわたって、29人の議員が行います。
なお、一般質問の順位・要旨は、下記添付ファイルをクリックしてください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

一般質問とは

議員が、市政全般に対して市の見解を求め、疑問をただすものです。
枚方市議会では、通常6・9・12月の各定例月議会で一般質問が行われます。

枚方市議会では、次のような方法で一般質問を行っています。

(1)1議員当たりの質問時間は30分(答弁時間含む)とします。
(2)1議員当たりの質問時間を所属議員数に応じて各会派に配分し、会派の持ち時間とします。
(3)各会派の所属議員は、会派の持ち時間内で質問することができます。
※例えば、1人30分で全員が質問することも、会派の持ち時間のすべてを使って1人で質問することもできます。

会派等の所属議員数および持ち時間は、下記のとおりです。

  • 自由民主党枚方創政会(4人)120分
  • 日本共産党議員団(4人)120分
  • 連合市民の会(5人)150分
  • 大阪維新の会 枚方市議会議員団(7人)210分
  • 公明党議員団(8人)240分
  • ひらかた無所属議員の会(2人)60分
  • 未来に責任(1人)30分
  • 無所属 清和会(1人)30分