ページの先頭です
メニューの終端です。

コロナ禍でも思いやりの心を大切に(市長からのメッセージ)

[2020年9月30日]

ID:32112

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

コロナ禍でも思いやりの心を大切に(市長からのメッセージ)

再生時間:2分


  皆さんこんにちは、枚方市長の伏見隆です。

  市民の皆様におかれましては、マスクの着用、手洗いの徹底や3密の回避など、新型コロナウイルス感染症拡大防止に日々、ご協力をいただき深く感謝申し上げます。

  枚方市では、感染拡大防止と社会経済活動との両立を図るべく取り組んでいますが、まだまだ収束までに時間を要する状況で、市内においても、 感染者が未だ確認されている状況にあります。

  新型コロナウイルスの感染が広まって以降、感染者やその家族、クラスターが発生した学校や事業所、また、医療従事者等に対する心ない差別的な言動が人権問題として全国的に新聞等で報じられています。

  こうした人の心を傷つける言動は、未知なるウイルスに対する不安や恐怖の気持ちから生じるものであったとしても、決して許される行為ではありません。誰もが新型コロナウイルスの感染者、濃厚接触者等になりうる可能性があるのです。

  本市としましては、引き続き、新型コロナウイルス感染症に関する正しい情報をお伝えするとともに、職員一丸となって感染予防や感染拡大防止対策に取り組んでまいります。

  市民の皆様には、いたわりの心やお互いを思いやる優しい気持ちを強く持っていただき、この厳しい難局を共に乗り越えていきましょう。
「必ず乗り越える。コロナの先へ」


For Foreigners(外国人の方へ)


コロナ禍でも思いやりの心を大切に(市長からのメッセージ)への別ルート