ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    東部地域の活性化の取り組みについて

    • [公開日:2022年7月22日]
    • [更新日:2022年7月25日]
    • ページ番号:37244

    東部地域の活性化の取り組みについて

    枚方市東部地域の活性化に向けて

    枚方市の東部地域は、日本の原風景ともいえる里山や豊かな自然、活発な農業、王仁公園や東部公園といったスポーツ施設を擁する憩いの公園、伝王仁墓や旧田中家鋳物民俗資料館といった歴史や文化に触れることができるスポットなど、魅力が多く存在する地域です。

    一方で、東部地域の資産である豊かな自然や里山、農地の維持には人の手による管理が必要であり、未来にわたってこの資産を残し、活用していくためには、農業や里山管理の担い手育成などが課題となっています。また、持続的な東部地域の活性化のためには、居住環境の保全を図りながらも、多くの人に訪れてもらえるよう、地域としての魅力向上や賑わいの創造を図る必要があります。

    そこで、こういった考え方を対外的に示し、行政だけでなく地域、民間事業者、大学等といった各主体が東部地域の活性化に資する取り組みを行うにあたっての協議や連携の土台となるよう「枚方市東部地域の活性化に向けて」を策定しました。

    枚方市東部地域の活性化に向けて

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    東部地域の活性化に進むイメージ

    活性化に向けた取り組みを行っていくにあたっては、行政だけでなく地域や民間事業者、大学等といったそれぞれの主体の間で、「枚方市東部地域の活性化に向けて」をもとに協議、検討、共有を行い、連携しながら具体化を図り実施します。
    各主体の連携においては、地域や民間事業者等の意見やニーズを把握したうえで、市が各主体のコーディネートを行うとともに、地域活性化に向けて必要な規制緩和を行うなどの環境整備に努めます。

    東部地域における観光資源の有効活用について

    「枚方市東部地域の活性化に向けて」において、地域の資産である豊かな自然や農地を残し、活用していくことと定めています。
    これらの地域資源の維持保全のためには、良好な地域環境を維持しながらも、 地域資源を観光資源として位置付け、多くの人が地域を訪れその魅力を感じるよう取り組むことで、より一層の地域活性化と魅力向上を図り、地域資源を守る担い手の確保に繋げる必要があります。
    こうした観点から、市として東部地域において有効利用を推進する観光資源を指定し、その有効な利用等について必要な事項や手続を定めています。


    基準について

    枚方市東部地域の活性化に向けた観光資源の指定基準

    関連する「観光資源の有効な利用上必要な建築物に関する取扱い基準」についてはこちらのページ(別ウインドウで開く)【「立地基準(令第36条第1項)」】の箇所を参照ください。


    基準に関する手続について

    上記の基準に基づく手続きは以下のとおりです。

    (1)事業提案に関する相談【窓口:政策推進課】

    (2)「事前相談書」の提出【窓口:政策推進課⇒関係部署へ共有、意見集約】

    (3)市からの意見に関する協議

    (4)提案者から地域住民への周知・説明

    (5)「事業提案書」の提出【窓口:政策推進課⇒関係部署へ共有、意見集約】

    (6)「事業提案書」の承認

    (7)都市計画法、建築基準法及び市条例に基づく手続【窓口:開発指導室】

    関連する取り組みを検討されている場合は、必要書類等をご確認いただき、政策推進課までご相談ください。

    東部地域の活性化につながる取り組みを募集します。

    東部地域をより活性化させるため、さまざまな主体がそれぞれの強みを活かしながら連携・協力した取り組みを進めることを目指し、幅広く東部地域の活性化に資する取り組みを募集します。

    本市では、事業者等の皆様とのさまざまな連携に関する対話の窓口として「枚方市公民連携プラットフォーム」を設置しています。「枚方市東部地域の活性化に向けて」を踏まえた、活性化に向けた取り組みのご相談やご提案をいただける場合は、「枚方市公民連携プラットフォーム(別ウインドウで開く)」の内容をご覧いただき、事務局(政策推進課)へご連絡ください。

    公民連携プラットフォーム(募集シート)