ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    夢をカタチに、空き家から始まる大きな一歩

    • [公開日:2022年3月3日]
    •   
    • [更新日:2022年3月3日]
    • ページ番号:37184

    枚方高校生物飼育部の部員、卒業生から構成されるNPO法人 ひらかた生物飼育部LABO が本市の空き家を活用して活動拠点を整備します。

    空き家の再生過程を取材させていただけることになりました。

    ▶教室の整備   ▶生物準備室の整備 ▶生物実験室(生き物展示の部屋)の準備 ▶家庭科室の準備 ▶正門

    NPO法人ひらかた生物飼育部LABO 始動

    物件の契約・引き渡し

    緊張の面持ちで押印する石飛理事長。

    今回物件をご提供いただいた佐藤さんから鍵を受け取りました。

    物件の現状確認

    建物の傾きなど現状の確認を行いました。

    今後は修繕・リノベーションに向けて今後打ち合わせを行っていきます。


    ホームページ開設

    ひらかた生物飼育部LABOのホームページが開設されたと教えていただきました。

    ご興味ある方はこちら(別ウインドウで開く)よりどうぞ。

    図面作製

    枚方高校 生物飼育部のOBであり、NPO法人 ひらかた生物飼育部LABOの副理事を務める杉林直人さんが建築を学ばれているとのことで、物件の図面を起こすことに。

    今後は杉林さんが起こした図面をもとにリノベーションの案を検討していかれるようです。

    ※写真提供 NPO法人枚方生物飼育部LABO

    理事打ち合わせ

    NPO法人 ひらかた生物飼育部LABOの理事たちが集合し、リフォーム、リノベーションについての話し合いを行いました。

    プロに任せるところももちろんありますが、まずは自分たちでできることから、いよいよ着手していくことが決まりました。

    それに向けて壁や床の清掃を行いました。

    ※写真提供 NPO法人枚方生物飼育部LABO

    ▶教室の整備

    2階には2つの和室があり、そのうち1部屋を子どもたちとのワークショップなどにする予定とのこと。

    学校にちなんでこのお部屋の名前は「教室」となりました。

    地域の子どもたちとワークショップを開くことを目指して、みんなでお部屋を作ります。

    いざ、はじめての漆喰塗り!

    シーラーを塗布した壁にいざ、漆喰を塗っていきます。

    この日は卒業生が集合し、作業を行いました。

    それぞれ塗り方に個性が表れていて面白い作業となりました。

    2階壁の一部に漆喰を塗布!さて、乾いたらどんな色味になるのでしょうか。


    続、漆喰塗り!

    前回に続いて漆喰塗です。

    上までしっかり塗っていきます。

    まだ完成ではありませんが、い草のシートを敷いてみるとぐっと雰囲気が変わりますね。


    2階和室の仕上げ

    2階和室の柱にカッティングシートを貼っていきます。

    イメージが大きく変わり、とっても明るい和室になりました。

    こちらは”教室”となる予定です!

    ▶準備室の整備

    続いて2階奥のお部屋。こちらは理事たちのミーティングの場所となる予定です。

    「教室」のとなりの先生のお部屋なので、ここは「準備室」となりました。

    畳敷きの和室から、洋室にします。どんな変化を遂げるのか楽しみです。

    床と壁の下準備!

    疊をみんなで下ろして、床に合板を貼りました。

    きっちり採寸してピタッと収まるように、建築を学んでいる杉林君を中心にみんなで取り組みました。

    こちらの部屋は元の壁を生かして洋風にしようということで、壁にシーラーを塗布しました。