ページの先頭です
メニューの終端です。

伏見市長の情熱日記「友好都市をおいしく身近に」(令和3年11月)

[2021年11月1日]

ID:37106

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ひらかた令和3年11月号掲載

友好都市をおいしく身近に

6ページの名護市特集はいかがでしたか?美しい海やおいしそうなソーキそばなどが紹介されていて、現地へ行ってみたくなりますね。さて、枚方市は沖縄県名護市のほかに高知県四万十市と北海道別海町、海外では中国上海市長寧区、オーストラリアローガン市、そして韓国霊岩郡の合計6都市と友好都市提携を結び、さまざまな形で交流しています。
その取り組みの一つとして、本市では国内友好都市の名産品を楽しめる物産展を毎年開催しており、今年は11月19日・20日にニッペパーク岡東中央で開催します。昨年はコロナ禍で中止せざるを得ませんでしたので、本当に楽しみです。
友好都市間の交流を深めるため、これまでいくつかの都市を訪問しましたが、その度にそこでしか味わえない食べ物や祭りなどの文化や歴史、豊かな自然環境といった、その土地ならではの魅力を存分に感じました。同時に、あらためて自分が住むまちの良さにも気付く機会になりました。コロナが落ち着いたら、皆さんも友好都市を訪れてみてはいかがでしょうか。その前に、まずは物産展でおいしい「食」を心ゆくまで味わってください。

「伏見市長の情熱日記」について

市長コラム「伏見市長の情熱日記」は「広報ひらかた」に連載しています。