ページの先頭です
メニューの終端です。

定例記者会見(令和3年9月)

[2021年9月2日]

ID:36475

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

定例記者会見(令和3年9月)
令和3年9月2日(木)、定例記者会見を開催し「ワクチン全年齢予約9月8日から」「子どもたちの学びを止めない」「最大5000円お得なプレミアム付商品券」について発表しました。

ワクチン全年齢予約9月8日から

保育入所オンライン相談・オート蛇口など非接触の取り組みも

市は、新型コロナワクチンの12歳から39歳の予約を9月8日からスタートさせます。国や府などの大規模接種会場での接種を含め、現在、市内の12歳以上の9月2日時点の接種状況は、1回目54.6%、2回目41.5 %。働く世代や学生が接種しやすいよう、100か所を超える医療機関での個別接種のほか、集団接種会場2カ所を土日に運営します。11月までに接種を希望する全ての人に接種を受けていただけるよう引き続き取り組みを進めます。また、9月10日からは妊娠中の人や市外から転入予定の人に向け、保育所の入所相談をビデオ通話でできるようにし、来所の負担を軽減します。市ではこれまでも学校園などでの集団感染の防止のため、抗原検査キットの配布などを行っていますが、非接触で安心して手洗いができるよう市内全学校園の蛇口の一部をオート水栓に切り替えるほか、共用のおもちゃや絵本などを素早く殺菌する殺菌庫を希望する保育所 (園)・幼稚園等へ配布するなど、さらなる感染防止の取り組みを進めます。

詳細はこちらへ

子どもたちの学びを止めない

9月12 日までオンライン併用授業を実施中

市では、8月25 日(水)から枚方市立小中学校の2学期を開始していますが、緊急事態宣言下において、登校を不安に感じる子どもたちも安心して学ぶことができるよう、教室でもオンラインでも授業を受けることができる「ハイブリッド型授業」を実施しています。原則全ての授業で9月12日まで行う予定で、全児童・生徒に配布済みのいつでも・どこでもつながるLTE 版iPad を活用することで、子どもたちが教室にいても、家庭にいても、一緒に学ぶことができます。これにより、「学びを止めない」だけでなく、先生だけでなく子ども同士のリアルタイムでの「つながりを止めない」日常を目指します。また、「給食を止めない」をキャッチフレーズに追加し、感染防止対策に取り組んだうえで開校することで、給食をはじめとする学校での活動を継続し、子どもたちの健康を守りながら、コロナ禍における子どもたちを支援する体制を整えています。

詳細はこちらへ

最大5000円お得なプレミアム付商品券

9月8日から抽選申込受付開始。購入は事前予約制。

市は、新型コロナウイルスの影響を受けている市内のコロナ対策店を支援するともに、地域経済の消費喚起を目的に20%のプレミアムが付いた「ひらかたコロナウイルス感染症対策店応援プレミアム付商品券」を10月4日(月)から販売します。購入は、9月8日(水)から22日(水)まで抽選申込をし、当選した世帯が対象(抽選結果は9月28 日(火)に発表) 。また、令和3年度住民税非課税世帯やコロナ禍の長期化で収入が著しく減収した生活困窮世帯などを対象として、同商品券を1人当たり1冊無償で引き換えることができる商品券引換券付はがきを送付します。商品券は1冊3,000円分(500円券6枚綴り)で、2冊1セット6,000円分を5,000円で販売します。1世帯最大5セットまで抽選申込できます。

詳細はこちらへ