ページの先頭です
メニューの終端です。

令和3年(2021年)4月から成年後見制度利用支援事業の対象を拡大します。

[2021年4月1日]

ID:34425

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

成年後見制度利用支援事業の対象を拡大します。

令和3年(2021年)4月から、成年後見制度利用支援事業の対象を拡大し、成年後見制度の利用に対して支援します。

枚方市では、判断能力が不十分な高齢者や障害者で、成年後見制度利用(法定後見制度)の※市長申立てを行った方を対象に、申立て費用や後見人等に支払う報酬を助成する「成年後見制度利用支援事業」を実施しています。

※市長申立てとは、配偶者及び4親等内の親族がいない方、又は親族がいても音信不通などの状況で申立ての手続きが困難な方に対し、市長が家庭裁判所に審判の申立てを行うことをいいます。


申立て費用について

【対象者】

判断能力が十分ではない高齢者や障害者で、成年後見制度利用(法定後見制度)の市長申立て対象者、又は本人及び同居の親族申立て等で生活保護受給者、並びに申立て費用を支払うことで生活保護が必要となる方


【助成対象の費用】

審判費用のうち、審判申立手数料、登記手数料、郵便料金、鑑定料(上限100,000円)を対象とします。


【申請受付期間】

家庭裁判所による審判日が令和3年(2021年)4月1日以降のもので、受付期間は審判が確定した日から3か月以内とします。


報酬助成について

【対象者】

親族及び市民後見人以外を後見人等として成年後見制度(法定後見制度)を利用する生活保護受給者、並びに報酬費用を支払うことで生活保護が必要となる方


【助成対象の費用】

家庭裁判所による報酬付与の決定額(月額)と以下の金額を比較し、低い額の合計額を対象とします。

 

 在宅生活者:月額28,000円

 在宅生活者以外:月額18,000円


【申請受付期間】

家庭裁判所による審判日が令和3年(2021年)4月1日以降のもので、受付期間は審判が確定した日から3か月以内とします(助成対象は令和3年4月1日以降の報酬月額となります)。

但し、令和2年度以前の市長申立てによる報酬助成については、別途経過措置期間を設けます。


 

成年後見制度利用支援事業の詳細や対象者の確認については、相談窓口までお問い合せください。なお、後見人等が選任されている場合は、後見人等の方よりお問い合わせください。

相談窓口

65歳以上の方・・・地域健康福祉室(健康福祉総合相談担当)

電話072-841-1401 ファックス072-841-5711

65歳未満の方・・・地域健康福祉室(障害福祉担当)

電話072-841-1457 ファックス072-841-5123


成年後見人等の選任に係る審判費用補助金交付申請書

枚方市成年後見制度等利用補助金交付申請書

お問い合わせ

福祉事務所(障害福祉担当)(直通)

電話: 072-841-1457

ファクス: 072-841-5123

お問い合わせフォーム