ページの先頭です
メニューの終端です。

伏見市長の情熱日記「今がまさに正念場!」(令和3年2月)

[2021年2月1日]

ID:33850

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ひらかた令和3年2月号掲載

今がまさに正念場!

1月13日、首都圏に次いで大阪を含む7府県に緊急事態宣言が発令されました。本市では12月以降650人を超える方が新たに新型コロナウイルスに感染するなど、これまでに例を見ない速さで感染者数が増加しています。
こうした状況の中、市内をはじめ府内では、病床数が慢性的に不足しております。高熱でも入院できずに自宅待機を強いられる事例も出てくるなど、病床のひっ迫が一段と深刻となっており、非常に強い危機感を感じています。
そうした中、1月11日に予定しておりました「はたちのつどい」につきましては、新成人の皆さんにとって一生に一度の晴れの日であり、何とか開催したいと直前までさまざまな感染防止対策を行いながら準備を進めてきましたが、感染者が急増する緊迫した状況の中、市民の皆さまの生命を守ることを最優先に考え、3月28日に延期させていただくという苦渋の決断をいたしました。
これ以上の感染拡大を抑え込むためにも、皆さまには、さらなるご不便を強いることになりますが、改めて不要不急の外出・移動の自粛をお願いいたします。今がまさに正念場です。この難局を、共に乗り越えましょう!

「伏見市長の情熱日記」について

市長コラム「伏見市長の情熱日記」は「広報ひらかた」に連載しています。