ページの先頭です
メニューの終端です。

伏見市長の情熱日記「経済と感染防止の2本柱で」(令和2年10月)

[2020年10月2日]

ID:32288

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ひらかた令和2年10月号掲載

経済と感染防止の2本柱で

新型コロナウイルスの感染者数は、9月に入り緩やかな減少傾向が続いています。しかし、未だにワクチンや特効薬のないウイルスであることから、再び感染が拡大することのないよう、私たち一人一人が正しい認識を持って、感染しない・させない行動を心がけることが必要となります。

それと同時に、今後は経済活動の回復と両立していくことが求められています。本市ではこれまで、さまざまな独自の事業者支援に取り組んできましたが、コロナ禍の影響を受けている市内事業者を応援し、地域経済を支える新たな対策として、対象店舗ラベルシールを貼っているお店で利用可能なクーポン券(1人3000円分)を全ての市民の皆さまに配布します。

このクーポン券は「経済対策」であると同時に、市民の皆さまに安心して食事や買い物を楽しんでいただくため、感染防止宣言を行う店舗を増やすことを狙いとする「感染防止策」でもあります。

引き続き、「新しい生活様式」を実践いただきながら、この機会にぜひ、対象のお店をご利用ください。「必ず乗り越える。コロナの先へ」-

再び活気ある枚方をともにつくっていきましょう!

「伏見市長の情熱日記」について

市長コラム「伏見市長の情熱日記」は「広報ひらかた」に連載しています。