ページの先頭です
メニューの終端です。

伏見市長の情熱日記「必ず乗り越える。コロナの先へ」(令和2年7月)

[2020年7月1日]

ID:30871

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ひらかた令和2年7月号掲載

必ず乗り越える。コロナの先へ

国による「緊急事態宣言」が解除されて1カ月が経過し、社会経済活動も少しずつ動き始めてきました。しかし、日々の暮らしや事業への不安を抱えている方は非常に多く、私の所にも市民の皆さまからたくさんの声が届いています。

国難といっても過言ではない状況の中、本市では、新型コロナ対策を国・府・市が一体となり支援を行うべきものと捉え、国や府の支援が行き届かない、経済的に厳しい市民・事業者への支援を最優先にこれまで総額29億円の支援策を創出しました。

今後も皆さまから寄せられる声に耳を傾け、必要な支援策を検討するとともに、分かりやすい情報発信に努めてまいります。

この危機的状況から自分を守る、大切な家族を守るためにも、皆さまにはあらゆる制度を活用しながら乗り越えていただきたいと思います。

「必ず乗り越える。コロナの先へ」。このフレーズは、現在の難局を強い気持ちで乗り越え、誰一人取り残さないという本市の強い決意を「言葉」に表わしたものです。感染が再び拡大する第2波の到来に備え、新型コロナウイルスに負けないまちづくりを着実に進めてまいります。

「伏見市長の情熱日記」について

市長コラム「伏見市長の情熱日記」は「広報ひらかた」に連載しています。