ページの先頭です
メニューの終端です。

株式会社宮里商會からマスクを寄付していただきました

[2020年5月21日]

ID:29864

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

株式会社宮里商會からマスクを寄付していただきました

令和2年5月12日・13日、新型コロナウイルス感染症の予防対策として、株式会社宮里商會からマスク11,250枚のご寄付をいただきました。

平成18年に本市で創業し、インテリア用品やマスク等を扱う同社の代表取締役 宮里莉絵子さんは、「市役所を訪れた際、窓口がほぼ通常どおり開いていることに驚いて、主力商品であるマスクの寄付を決めました」とお気持ちを話されました。

また、5月12日に7,500枚のマスクを寄付した際、他の窓口の状況も目の当たりにしたことで、改めてマスクの必要性を感じ、追加の寄付を決断されたとのこと。翌13日には、追加のマスク3,750枚をご寄付くださいました。

宮里さんと、同社取締役の平野敏和さんは、「わずかだが、窓口業務にあたる職員に使ってもらえれば」と話されました。

本市においても、マスクは入手が厳しい状況が続いています。ご寄付いただいたマスク11,250枚については、窓口職場等を中心に活用させていただきます。

佐藤危機管理監にマスクを手渡す(株)宮里商會 宮里代表取締役(写真左)

(株)宮里商會の宮里代表取締役(写真右)と平野取締役(写真左)

事業者支援総合相談窓口をはじめ、さっそく活用させていただいています!