ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的取り扱いについて

    • [公開日:2022年3月22日]
    • [更新日:2022年3月22日]
    • ページ番号:28855

    新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的取り扱いについて

     「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的取り扱いについて(その4)」(令和2年4月7日厚生労働省老健局老人保健課事務連絡)に基づき、下記のとおり、要介護認定の臨時的な取扱いを実施しています。社会の安定の維持の観点から、行政サービス等の事業継続を要請されていることを踏まえて、適切な要介護認定事務執行に努めるとともに、被保険者に不利利益が生じないよう実施します。

    下記の条件を満たす場合には、対象施設および被保険者から、『新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的取り扱い申出書』を提出していただくことで、介護度はそのままで、要介護認定及び要支援認定の有効期間を新たに12ケ月延長します。

    対象者

    • 更新申請者であること
    • 期間延長に係る本人の同意・了解があること
    • 介護保険施設や病院等が入所者との面会を禁止する等の措置を取り認定調査が困難であることや、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から、本人が対面での調査に不安を訴えている、あるいは調査を拒否する等認定調査が困難であること。

    注意事項

    • 更新申請の手続きをされた方が対象となりますので、下記の申出書により申請手続きは必ず行ってください
    • 新規申請・区分変更申請は上記の臨時的な取扱いの対象とはされていません
    • 上記の内容について、今後、国からの通知等により、取扱いが変更となることがあります

    申請様式

    新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的取り扱い申出書

    参考資料

    新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取り扱いについて(その4)

    新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(令和2年4月22日健介保160号)

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。