ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    差別落書きは人の心を傷つけます

    • [公開日:2019年6月12日]
    •   
    • [更新日:2019年6月12日]
    • ページ番号:24421

    差別落書きは人の心を傷つけます

    2019年3月以降、市内の公共の場において、差別落書きが発生しています。
    差別落書きは、人の心を傷つけるだけでなく、見た人に新たな差別意識を植え付け、偏見や差別意識を助長、拡大させることになり、決して許されるものではありません。
    市では、2004年に「枚方市人権尊重のまちづくり条例」を制定し、すべての人の人権が尊重されるまちづくりを進めています。
    市民一人ひとりが、まちづくりの主体となって、お互いを思いやる心豊かな明るい社会をつくりましょう。

    差別落書きを発見したら

    差別落書きをそのまま放置していると、偏見や差別意識を助長、拡大させる恐れがあります。
    できるだけ早く、施設の管理者や人権政策室に連絡してください。

    心ない落書きで 傷ついている人がいます