ページの先頭です
メニューの終端です。

「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の施行について

[2019年5月17日]

ID:23959

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

  • 平成31 年(2019年)4月24 日に、「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律(旧優生保護法一時金支給法)」が成立し、公布・施行されました。
  • 同法の前文では、旧優生保護法の下、多くの方々が、生殖を不能にする手術・放射線の照射を受けることを強いられ、心身に多大な苦痛を受けてきたことに対して、政府は、それぞれの立場において、真摯に反省し、心から深くおわびする旨が述べられています。
  • 同法に基づき、優生手術などを受けた方に一時金が支給されます。

一時金の支給等について

 一時金の支給対象者や請求手続き等については次のリーフレットで確認してください。

リーフレット「旧優生保護法による優生手術などを受けた方へ」(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

お問い合わせ先

 具体的な一時金の請求や相談に関することは、お住まいの都道府県の窓口にお問い合わせください。大阪府の窓口については次のページをご覧ください。

 また、厚生労働省にも一時金の制度全般に関する電話相談窓口を設置しています。

関連通知等

お問い合わせ

福祉指導監査課法人・障害福祉事業者担当

電話: 072-841-1467

ファクス: 072-841-1322

お問い合わせフォーム


「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の施行についてへの別ルート