ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果の公表について

    • [公開日:2017年3月29日]
    •   
    • [更新日:2022年3月20日]
    • ページ番号:10519

    建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年10月27日法律第123号)に基づき、枚方市内の要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果を公表します。

    対象建築物

    要緊急安全確認大規模建築物は、病院、店舗、旅館等の不特定多数の方が利用する建築物および学校、老人ホーム等の避難に配慮を必要とする方が利用する建築物のうち大規模なものであって、昭和56年5月以前の基準(旧耐震基準)で建てられたもの

    要緊急安全確認大規模建築物の要件

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    耐震診断の結果について

    要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果一覧表

    附表 耐震診断の評価の結果と構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価

     

    耐震診断の結果、構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性の評価は、次の3段階で評価します。

    地震に対する安全性の評価
     分類評 価 
     1大規模の地震の震動および衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が高い。
     2大規模の地震の震動および衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性がある。
     3大規模の地震の震動および衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険性が低い。

    なお、これらの評価は震度6強から7に達する程度の大規模の地震に対する安全性を示すものです。
    いずれの区分に該当する場合であっても、違法に建築されたものや劣化が放置されたものでない限りは、震度5強程度の中規模地震に対しては損傷が生ずるおそれは少なく、倒壊するおそれはないとされています。