ページの先頭です
メニューの終端です。

「枚方市PPP/PFI手法活用優先的検討の基本方針」を策定しました

[2016年11月24日]

ID:8698

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

基本方針について

枚方市では、平成24年度に「枚方市PFI検討の基本方針」を策定し、新たな公共施設等の整備、維持管理、運営に際しては、行政と民間の適切な役割・責任分担の下に、民間事業者に行わせることがより効果的で適切なものは民間事業者にゆだねることを基本に検討し、取り組みを進めてきましたが、今後は、検討対象を「PFI」に限定せず、指定管理者制度などの施設運営事業等も含めて広く補完する「PPP」に拡充し運用するため、「枚方市PPP/PFI手法活用優先的検討の基本方針」を策定しました。

  • PPP
     官民が連携して公共サービスの提供を行うスキームをPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:官民連携)と呼ぶ。PFIは、PPPの代表的な手法の一つ。PPPの中には、PFI、指定管理者制度、市場化テスト、公設民営(DBO)方式、さらに包括的民間委託、自治体業務のアウトソーシング等も含まれる。
  • PFI
     PFI(プライベイト・ファイナンス・イニシアティブ)とは、公共施設等の設計、建設、維持管理および運営に、民間の資金とノウハウを活用し、公共サービスの提供を民間主導で行うことで、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図るという考え方。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

「枚方市PPP/PFI手法活用優先的検討の基本方針」を策定しましたへの別ルート