ページの先頭です
メニューの終端です。

中宮中学校

[2018年9月10日]

ID:8013

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ごあいさつ

中宮中学校のホームページにアクセスいただき、大変ありがとうございます。
本校は、国道1号線沿いに位置するため、交通量は多いですが、幹線道路から細い道に入るとまだ、田畑も見られます。


―ともに学び ともに育つ― 「命」・「学び」・「感性」 をスローガンに笑顔あふれる学校めざして取り組んでいます。

ご覧いただきアドバイスなどいただければ幸いです。

校舎

9月11日の授業について

9月11日(火)の授業は、1限裁、火2~火6です。

裁量は、1年1組国語 1年2組社会 1年3組英語A

2年1組社会 2年2組数学 2年3組理科 2年4組国語

3年1組音楽 3年2組国語 3年3組数学 3年4組社会

非常変災時における措置について

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

校章

中宮中学校の校章

六星章の中央に「中宮」という字を配した校章は、開校まもない昭和46年6月1日に制定。

校歌は、翌年の昭和47年11月25日に制定されています。

中宮中学校の校名は、もちろん地名にもよりますが、中国古代天文学では、天の北極星を中心とする部分が天の中心と考えられ、ここを『中宮(チュウグウ)』と呼ばれていました。

『中宮(チュウグウ)』は北極星およびその周囲にある星座群という意味です。

別の文献「大阪府の歴史散歩」によれば、天野川東岸、百済寺跡の「中宮(なかみや)」という地名は、北斗七星の中宮(チュウグウ)、つまり北極星を意味するいう記載もあります。

いずれにしても、「中宮(なかみや)」という名前は百済寺を中心とする大陸文化の香り高く歴史的にも由緒あるものであり、天文学という夢とロマンあふれるものであります。