ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    地域づくりデザイン事業補助金について

    • [公開日:2021年4月1日]
    • [更新日:2022年5月1日]
    • ページ番号:3756

    補助金の概要

    「地域づくりデザイン事業補助金」は、地域の特色や住民自らの発想を生かして、校区コミュニティ協議会が主体的かつ継続的に取り組み、コミュニティの活性化を図るために実施する事業の導入経費に対して補助を行うものです。

    補助対象者・補助金額
     
    補助対象者

    校区コミュニティ
    協議会

    ・複数の校区コミュニティ協議会が連合した団体も含みます。 
    補助金額  上限120万円

     ・1申請当たりの額となり、複数の校区コミュニティ協議会が連合した団体による申請の場合も同額です。
    ・事業計画等に応じて、最長で2年度に分割して交付することも可能です。

    ※制度の活用については、「利用のてびき」をご覧ください。
    ※事業実施の前年度(9月末まで)に市と実施する事業についての事前協議が必要です。

    補助金の対象となる事業

    「地域づくりデザイン事業補助金」は、校区コミュニティ協議会が行う次の事業を補助対象とします。

    以下のいずれにも該当すること
    (1)地域の特色や住民自らの発想を生かし、コミュニティの活性化を図るための事業であること。
    (2)住民が主体となって行うもので、持続性、発展性があり、住民が参加しやすい公益性の高い事業であること。
    (3)従来の活動に関連した事業である場合は、更にステップアップするような取り組みが付加されていること。
    (4)過去に当該補助を受けた事業でないこと。 

    利用のてびき

    様式

    「枚方市地域づくりデザイン事業補助金交付要綱」

    実施事業の概要

    令和3年度申請分

    【枚方校区コミュニティ協議会】

    概要
    事業名称みんなで築く安心のまちづくり ~救命・防災の地域ネットワーク~
    事業目的安心なまちづくりの一環として、校区住民が救命講習や防災講習を気軽に受講できる機会を増やすことで地域における救命率の向上や防災力向上を目指すとともに、コミュニティ活動への関心が低い若いファミリー層に同事業内容をアピールし、校区コミュニティの周知および活性化をはかることを目的とする。
    事業内容

    ■「救命講習」や「出前講座」等の実施
    校区自主防災会の有志を中心に、校区内の小規模な集まりにも機動的に対応して救命講習や防災講座等を開催できる態勢を整え、校区内の小中学校・幼稚園および保育園の保護者や町内会等を対象に「少人数でも開催できる救命講習」や「防災・減災の出前講座」等を頻繁に開催し、気軽に何回でも受けられるようにする

    ■「救命講習用人形」や「AEDトレーナー」の購入
    必要な時に即座に「救命講習」や「出前講座」等を実施できるようにするためには、「救命講習用人形」や「AEDトレーナー」を購入し、校区コミュ二ティの備品として管理する。

    ■各種資料(講習、講座及び広報用)の作成及び印刷
    「救命講習」や「出前講座」等で使用する資料を作成・印刷し、講習・講座時に配布する。また、事業広報用の資料を作成・印刷し、校区住民に配布することで事業内容及びコミュニティの周知を行う。

    【枚二校区コミュニティ協議会】

    概要
    事業名称ICT時代に対応する環境整備事業 ~まずは校区コミュニティ協議会から~
    事業目的枚二校区コミュニティ協議会における情報共有について、迅速かつ効率的に行うためにICTを導入するとともに、枚二校区コミュティ協議会ホームページを作成し、地域情報の発信を行うことで、校区住民との情報共有を強め、地域活動への理解を深めることを目的とする。
    事業内容

    ■情報共有のICT化導入
    枚二校区コミュニティ協議会の迅速かつ効率的な情報共有を行うために、通信機器を有していない役員に画面が見やすく気軽に持ち運べる「タブレット」を貸し付け、会議等で使用する等のICT化の推進を行った。
    今後、会議資料等をタブレットにてデータで確認できるペーパレス会議を行える環境づくりや、災害時の迅速な情報提供や各部署からのお知らせ等、市から提供される情報のペーパレス化を推進し、コミュニティと行政双方の業務負担軽減及び効率化を図っていく。

    ■ホームページの作成
    地域活動の情報を発信することにより、校区住民との情報共有を強め、枚二校区コミュニティ協議会の活動に対する地域の理解を深めるために、令和4年度運用開始予定の枚二校区コミュニティ協議会のホームページの作成を開始した。

    ■会議等での実例
    ICT委員会を設立し、タブレット貸与にあたっての留意事項、本体の初期設定作業やレンタルWi-Fiの実用性のチェックを事前に行った。1月評議会では、講師をお招きし、参加者全員でWi-Fi接続や利用ソフトの初期設定など、会議運営のための準備実践講習を行った。3月評議会では、会議中に枚方市や校区小中学校のホームページにアクセスし、市長の方針や学校での取り組みを参加者で共有し、より議論を深めるツールとして活用した。

    【菅原東校区コミュニティ協議会】

    概要
    事業名称高齢者向けのパソコン・スマホ教室
    事業目的

    新型コロナウイルス感染症のワクチン接種予約等で高齢者もパソコン・スマホを利用する機会が増えているが、慣れていない高齢者には難しい。

    民間の教室等に通うとなると月謝もそれなりにかかるため、校区コミュニティ協議会において教室を開催することで、地域の高齢者によるパソコン・スマホの活用を促進する。

    その結果、他者とのつながりや生きがいづくりの機会を提供することによる認知症の予防や、ICTを活用した新たな環境への可能性を広げることで、高齢者にいきいきと生活してもらうことを目的とする。
    事業内容

    ■パソコン教室
    校区在住のパソコン教室講師の経験者に講師及びマニュアル作成を依頼し、年10回教室を開催した。今後も継続して行っていく。

    ■スマホ教室
    市が協定を結んでいる通信事業者の販売店舗に講師を依頼して2回開催。他10回は地域ボランティアにより開催した。今後も継続して行っていく。

    お問い合わせ

    枚方市役所 市長公室 市民活動課 (直通)

    電話: 072-841-1273

    ファックス: 072-841-5133

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム