ページの先頭です
メニューの終端です。
FAQ(よくある質問)

Q13 道路と敷地の間に公有水路がある場合の接道はどのように取り扱いますか?

[2020年1月21日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

道路と敷地の間に公有水路がある場合の接道はどのように取り扱いますか?

回答

道路と敷地の間に公有水路がある場合、水路部分へ継続的に使用できる幅員2m(大阪府建築基準法施行条例第66条の規定により敷地が4m以上道路に接する必要がある場合は4m)以上の橋などを設け、管理者の占用許可等を受けることにより、橋などを含めて一団の敷地であると判断します。ただし、占用許可等を受けた部分は敷地面積に算入することができません。

なお、枚方市の建築主事に確認を申請する場合は、申請書に占用許可等を受けていることを証する書類の添付が必要です。

注:本扱いは水路がある場合に限り、河川等がある場合には適用しません。


イメージ図

お問い合わせ

枚方市役所都市整備部開発指導室 審査指導課(直通)

電話: 072-841-1438

ファクス: 072-841-5101

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Q13 道路と敷地の間に公有水路がある場合の接道はどのように取り扱いますか?への別ルート