ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    陸上競技場の愛称が「たまゆら陸上競技場」に決定しました!

    • [公開日:2022年5月1日]
    • [更新日:2023年8月30日]
    • ページ番号:45377

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    市立陸上競技場のネーミングライツパートナーが決定! 愛称は「たまゆら陸上競技場」

    市立総合スポーツセンター陸上競技場のネーミングライツパートナーとして、2022年4月4日に株式会社たまゆら(別ウインドウで開く)とネーミングライツ契約を締結しました。市立陸上競技場は、2022年5月から「たまゆら陸上競技場」としてスタートしています!

    陸上競技場は日本陸連の3種公認を受けた施設として、各種大会等に使用されているほか、天然芝のピッチではJFLに所属する地元チーム「FCティアモ枚方」のホーム戦の試合会場として、シーズンを通じて使用されています。

    ネーミングライツ契約期間:4年11か月(2022年5月1日~2027年3月31日)
    ネーミングライツ料:100万円/年

    シェイプ2

    5/15(日)に「たまゆら陸上競技場」のネーミングライツセレモニーを行いました!

    FCティアモ枚方のホーム戦ハーフタイム中にセレモニーを実施

    (写真左からFCティアモ枚方 村島代表、(株)たまゆら 岡本代表取締役社長、伏見市長)

     競技場の新しい愛称を市民のみなさまにお披露目するため、令和4年5月15日(日)FCティアモ枚方のホーム戦ハーフタイム中にセレモニーを行いました。
     当日はネーミングライツパートナーである株式会社たまゆらの岡本社長をゲストとしてお招きして、セレモニーを実施。同日開催された市民応援デーでティアモの応援に来られていたたくさんの市民の皆様に、観客席からお祝いの拍手を頂きました。ありがとうございました。
     今後は「たまゆら陸上競技場」略して「たまりく」として、よろしくお願いします!

    ネーミングライツ(命名権)について

    ネーミングライツとは