ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    がん患者の方への支援~枚方市がん患者補整具(ウィッグなど)購入費助成~

    • [公開日:2022年4月1日]
    • [更新日:2022年7月15日]
    • ページ番号:37706

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    枚方市がん患者補整具購入費助成事業 概要

    日本人の2人に1人は何らかのがんにかかると言われており、がんはとても身近な病気です。枚方市では、抗がん剤等の影響による脱毛や、乳房の手術などによって外見が変化したことで、社会参加への不安や精神的なストレスを持つがん患者の方に、ウィッグ等の補整具の購入費用を一部助成します。

    対象(下記の全てを満たす人)

    (1)申請日時点で、枚方市に住民票がある人

    (2)がんと診断されその治療を受けた、または受けている人

    (3)対象の補整具を令和4年4月1日以降に購入した人

    (4)対象となる補整具について、過去に助成を受けていない人

    内容(令和4年4月1日以降に購入したもの)


    (1)ウィッグ(補助上限金額3万円)

    ウィッグ(装着時に皮膚を保護するネット含む)または、毛付き帽子、その他の帽子。


    (2)乳房補整具(Ⓐ上限1万円またはⒷ上限3万円)

    Ⓐ乳房補整下着 Ⓑ人工乳房・人工乳頭
    乳房補整下着は、一緒に使用するパッドを含みます。人工乳房・人工乳頭は、肌に直接接着して使用するものです。体内に埋め込まれた人工乳房は除きます。
    ⒶまたはⒷいずれかの申請になります。

    ・(1)、(2)は1人各1回ずつ申請することができます。(所得制限はありません。)
    ・補助金額は購入に要した費用と上限金額といずれか低い額(100円未満の金額は切り捨て)です。
    ・上限金額内であれば個数は問いません。
    ・購入後、概ね1年以内に申請してください。

    申請書類 下記の書類を健康づくり・介護予防課へ提出してください(郵送可)。

    (1)枚方市がん患者補整具購入費補助金申請書兼振込依頼書(様式第1号)

    (2)がんと診断され、その治療を受けている事がわかる書類(がん治療に関する説明書や診療計画書、診断書など、がん治療に伴う脱毛や乳房の変形を証明できる書類に限る)。写し可。
    ※診断日は令和4年4月1日以前でも可。

    (3)購入した補整具の領収書の原本(購入者、購入日、購入金額、購入品が分かるもの)
    ※購入日は令和4年4月1日以降のものに限ります。

    枚方市がん患者補整具購入費補助金申請書兼振込依頼書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    補助金交付の流れ

    (1)補整具の購入
    お好きな補整具を購入してください。購入時には必ず領収書を受け取ってください。

    (2)補助金の申請
    上記申請書類を揃えて申請先(健康づくり・介護予防課)へ郵送もしくは持参してください。

    (3)交付決定申請者への支払い
    交付金額と補助金交付日が決定したら、申請から1か月程度で補助金申請者へ封書でお知らせします。
    概ね2か月程度で申請書に記載されている銀行口座に、補助金を振り込みます。

    枚方市がん患者補整具購入費助成事業チラシ

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    がん相談支援センター

    患者さんやご家族等が誰でも無料で、がんに関する情報や治療や療養生活についての相談ができます。

    がん相談支援センターとは(国立がん研究センターホームページ)(別ウインドウで開く)

    予約が必要な場合があります。
    日時や時間などご確認ください。