ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    不在者投票制度について

    • [公開日:2021年11月17日]
    • [更新日:2021年11月17日]
    • ページ番号:36800

    不在者投票制度について

    仕事や旅行などで、選挙期間中、名簿登録地以外の市町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。また、指定病院等に入院等している方は、その施設内で不在者投票ができます。
    その他、身体障害者手帳等の交付を受け、一定の条件に該当する場合、郵便等による不在者投票があります。

    1.枚方市外での不在者投票について

    仕事や旅行などの理由で選挙期間中に枚方市外に滞在される場合、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票を行うことができます。

    投票された投票用紙が選挙期日(投票日)の午後8時までに枚方市の投票所へ届かなければ無効となりますので、お早めに請求および投票を済ませてください。

    投票の流れ

    1. あらかじめ枚方市選挙管理委員会に投票用紙を請求してください。
    2. 枚方市選挙管理委員会から請求書に記載の送付先に、投票用紙等を郵送します(対面での受取が必要です)。
    3. 滞在先の市町村の選挙管理委員会に送付した投票用紙等を持参し、投票してください。投票場所等は滞在先の市町村の選挙管理委員会にご確認ください。

    請求方法

    以下の「不在者投票宣誓書・請求書」にご記入いただき、枚方市選挙管理委員会宛に郵送してください(FAX,E-mail不可)。

    ※「不在者投票宣誓書・請求書」の用紙は枚方市選挙管理委員会事務局にもあります。

    2.指定病院、老人ホーム等での不在者投票について

    大阪府選挙管理委員会の指定を受けている病院や施設に入院・入所中で不在者投票を希望する人は、病院長や施設長にお申し出ください。
    病院長等が不在者投票用紙等を選挙人に代わって請求することにより、施設内で投票できます。

    3.郵便等による不在者投票(身体障害者(戦傷病者)または要介護者の方)について

    「身体障害者手帳又は戦傷病者手帳の交付を受け、下表の記載のある人」か「介護保険の被保険者証に要介護5の記載のある人」は、郵便等で不在者投票ができます。
    希望される場合は、事前に「郵便等投票証明書」の交付を受ける必要がありますので、枚方市選挙管理委員会事務局にお問い合わせください。
    なお、郵便等で不在者投票を行う場合、投票用紙等を請求することができるのは選挙期日の4日前の午後5時までです。

    1. 両下肢・体幹の障害
       1級・2級(特別項症~第2項症)
    2. 移動機能の障害
       1級・2級
    3. 心臓・腎臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓の障害
       1級・3級、肝臓は1級~3級(特別項症~第3項症)
    4. 免疫の障害
       1級~3級
    5. 上記の障害の程度に該当すると枚方市長(大阪府知事)が書面により証明した人

      ※()は戦傷病者について記載

    お問い合わせ

    枚方市役所 行政委員会 選挙管理委員会事務局 (直通)

    電話: 072-841-1532

    ファックス: 072-844-3479

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム