ページの先頭です
メニューの終端です。

水道・下水道事業の令和2年度(元年度実績)評価結果について

[2021年8月31日]

ID:36383

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

<内部評価>

 上下水道局が、令和元年(2019年)度実績の「経営評価」と「基本施策評価」を実施しました。

  「経営評価」・・・経年比較、類似団体との比較評価

  「基本施策評価」・・・上下水道ビジョン・基本施策における進捗状況

   

<外部評価>

 内部評価の結果について、上下水道事業経営審議会に諮り、外部評価を得ました。

 外部評価の結果は、内部評価のとおり了承するというものでした。

 その詳細について、下記のとおり公表します。

 

 

基本施策評価

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

水道事業

1.危機管理による安全重視の水道(Safety)
上下水道ビジョン・基本施策概要
1.危機管理体制の強化・危機管理体制の整備
・応急給水体制の整備
・継続的な警備体制の整備
2.水道施設・管路の耐震性の向上・水道施設・管路の計画的な耐震化
3.応急給水拠点・緊急対応設備の整備・配水池に緊急遮断弁を設置した応急給水拠点の整備
4.水道技術の継承・専門的知識・経験を有する技術者の育成・確保
2.安定的な給水の確保(Stability)
上下水道ビジョン・基本施策概要
5.水道施設・管路の計画的な更新・改良

・浄水・配水施設等の更新・改良
・管路の更新・改良と鉛製給水管の解消

6.送水ルート等の強化・既設導・送水管とは別のバックアップルートの整備
7.効率的な維持管理の推進

・水道施設の適切な維持管理
・ライフサイクルコストの低減に配慮した施設整備、機器・設備の購入

8.持続可能な経営の推進

・計画的な事業実施
・企業債発行の適正化
・適正な料金算定

・定期的な計画の見直し
・出資金のあり方の検討
・効率的な執行体制の構築

3.安心して飲める良質な水の供給(Security)
上下水道ビジョン・基本施策概要
9.水質管理体制の強化・適切な水質管理体制の整備
・水質・水源管理の共同化
10.小規模貯水槽の管理指導小規模貯水槽の点検実施による指導・啓発
4.お客さまへのサービスの向上(Service)
上下水道ビジョン・基本施策概要
11.低廉な料金の維持・受益と負担の適正化・用途別料金区分の整理と料金体系等の検証
12.快適な給水水圧の確保・直結給水審査対象区域の拡大
13.水道水のPR活動の推進・水道事業に関する情報のタイムリーな発信
5.官民の役割分担(Sharing)
上下水道ビジョン・基本施策概要
14.民間委託等の推進・より効率的・効果的な事業運営をめざした民間委託等の拡大
15.多様な主体との応援協力体制の確立・関係機関等との広域連携の推進
・市民、NPOなどとの応援協力体制の確立
6.省エネルギーと環境保全(Saving)
上下水道ビジョン・基本施策概要
16.環境保全活動の推進・環境負荷低減に向けた取り組みの推進
・建設副産物等の再生利用の推進
17.広域連携による環境保全の推進・琵琶湖・淀川水系の水質環境保全に向けた広域連携の推進

下水道事業

1.汚水整備の方針
上下水道ビジョン・基本施策概要
1.住居系地域での汚水概成・住居系地域での汚水整備の概ね完成(平成30年度達成)
2.工場系地域での汚水整備・工場系地域の整備方針の確立と計画的着手
3.水洗化の促進・整備完了区域の水洗化促進
4.整備課題地区の解消・私道での埋設同意等の推進
5.施設の維持・更新・老朽化施設の計画的改築・更新
6.施設の耐震化・施設の長寿命化と併せた耐震化
2.雨水整備の方針
上下水道ビジョン・基本施策概要
7.浸水被害の軽減・雨水管渠の改良・整備
8.10年確立に対応した雨水整備・10年に一度の大雨に対応できる雨水整備
9.ポンプ場の整備・ポンプ場の機能拡充による排水能力の増強
10.幹線・水路の整備・幹線・水路等の基幹施設の整備・充実
11.貯留・浸透施設の活用・地域の実情に合わせた貯留・浸透施設の活用
12.施設の適切な維持・更新

・施設の機能維持に向けた計画的改築・更新

13.施設の耐震化・大規模地震に耐えられるレベルの施設の耐震化
3.経営健全化の方針
上下水道ビジョン・基本施策概要
14.合理的な使用料の算定・使用料の適切な算定と定期的な見直し
15.一般会計繰入金の適正化・適切な負担区分による税の繰り入れ
16.採算性を重視した事業実施・事業実施における採算性の重視と補助金等の活用
17.執行体制の構築・上下水道組織の統合を活かした業務執行体制の構築
18.民間委託を活用した効率的な施設管理・業務の効率化に向けた最適な手法の検討
19.費用の平準化を考慮した企業債発行・費用の平準化を考慮した充当率での借入れ
20.人材育成と技術継承・経験に基づく専門的知識や技術力の継承
21.下水道整備計画等の策定・優先順位や事業規模を考慮した整備計画の策定
・事業費の平準化を考慮した事業実施計画の策定
・経営戦略をはじめとする各種計画の定期的な見直し