ページの先頭です
メニューの終端です。

ひとり親家庭養育費確保サポート事業

[2021年6月16日]

ID:34451

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

養育費確保のためのサポート事業を開始します!

養育費確保のための相談支援サポートについて

令和3年4月1日から、「ひとり親家庭相談支援センター」を新たに開設し、離婚を考えている方や、養育費を受け取っていないひとり親の方に、子どもの健やかな成長に必要な養育費を確保するための相談や手続きのサポート、公正証書などの必要書類の作成に必要な手数料などの補助を開始します。

ひとりで悩まず、まずはご相談ください。


🌼無料相談について🌼

母子父子自立支援員による相談

ひとり親家庭相談支援センターには
母子父子自立支援員がいます。

「養育費確保に向けて何が必要?」
「相手と話し合いができない…諦めるしかない?」
「公正役場、調停、弁護士との話…難しそう…」
そんなさまざまな不安や悩みについて、
寄り添いながら継続的に支援します。

平日9時から17時半まで、相談をお受けしています。

お気軽にお電話ください。(☎050-7102-3227)

弁護士相談

法律的な知識に要する相談に応じ、アドバイスします。
母子父子自立支援員による相談を通じて、継続的な関わりも可能です。

場所:ひとり親家庭相談支援センター

日時:毎月第4水曜日 午後1時から5時まで(原則)
※6月・11月は第4水曜日 午後4時から8時まで
※8月は第4日曜日 午後1時から5時まで

時間:一人あたり30分以内(原則)

🌼養育費の取り決め・受け取りサポートについて🌼

〔取り決めサポート〕

養育費の取り決めには当事者の合意が必要です。

口頭や書面での取り決めも可能ですが、養育費の支払いが滞ってしまったときに公正証書があれば、裁判所の判決と同様に強制執行が可能となります。

公正証書を作成するには、公証役場で手続きが必要です。

どのような手続きをすればいいのか分からない、ひとりで公証役場に行くのが不安…などの気持ちに寄り添い、母子父子自立支援員が取り決めのサポートをします。

必要に応じて弁護士相談も活用するなど、きめ細やかな支援を行います。(※伴走支援)

(取り決めサポートの一例)

サポートの流れ


〔受け取りサポート〕

公正証書などにより養育費の取り決めを行ったにも関わらず、養育費の不払いが起こった場合に保証会社と保証契約を結ぶ契約金を補助します。(会社によって保証内容は変わります)

(受け取りサポートの一例)

サポートの流れ

🌼補助金の制度について🌼

★取り決めサポート【養育費に関する公正証書等作成促進補助金】

 ひとり親家庭の子どもの健やかな成長に資することを目的として、公正証書の作成や家庭裁判所への調停の申立て等に係る経費を補助することにより、養育費の履行の確保を図ります。


▶ 補助の対象

⑴ 公証人手数料令の規定による手数料

⑵ 家庭裁判所での調停又は裁判に要する収入印紙代

⑶ 戸籍謄本等の添付書類の取得に係る手数料

⑷ 公証人役場又は家庭裁判所との連絡のための郵便切手代


▶ 補助の金額

上記の補助対象経費の合計額(上限30,000円)


▶ 対象者

本市に居住するひとり親等であって、次のいずれにも該当するものとする。

⑴ 現に子を養育している者

⑵ 公正証書、調停調書、審判書又は判決書を所有している者

⑶ 過去に同様の補助金の交付を受けていない者(他市の補助金を含む)


▶ 申請期間

公正証書、調停調書、審判書又は判決書を作成した日(令和2年4月1日以降の日付のもの)から1年以内(原則)


▶ 申請に必要な書類

・枚方市養育費に関する公正証書等作成促進補助金交付申請書

・申請者及びその児童の戸籍謄本もしくは抄本(写し)

・世帯全員の住民票(写し)

・補助対象経費の領収書等

・公正証書、調停調書、審判書、又は判決書(写し)


★受け取りサポート【養育費の保証促進補助金】

ひとり親家庭の子どもの健やかな成長に資することを目的として、養育費の取得の確保のために保証会社と保証契約を締結する際の保証料を補助することにより、養育費の履行の確保を図ります。


▶ 補助の対象

保証会社と養育費保証契約を締結する際に要する経費のうち、保証料として本人が負担する費用


▶ 補助の金額

上記の補助対象経費(上限50,000円)


▶ 対象者

本市に居住するひとり親等であって、次のいずれにも該当するものとする。

⑴保証会社と養育費についての保証契約(契約期間が1年以上であるもの)を締結している者

⑵現に子を養育している者

⑶公正証書、調停調書、審判書又は判決書を所有している者

⑷児童扶養手当受給者または児童扶養手当を受給できる所得水準にある者

⑸過去に同様の補助金の交付を受けていない者(他の補助金を含む)


▶ 申請期間

養育費保証契約を締結した日(令和2年4月1日以降の日付のもの)から1年以内(原則)


▶ 申請に必要な書類

・枚方市養育費保証促進補助金交付申請書
・申請者及びその児童の戸籍謄本もしくは抄本(写し)
・世帯全員の住民票(写し)
・児童扶養手当(写し)もしくは前年の所得がわかるもの(課税証明書等)
・補助対象経費の領収書等
・公正証書、調停調書、審判書、又は判決書(写し)
・保証会社養育費保証契約書(写し)

お問い合わせ

子どもの育ち見守りセンター見守り支援推進担当

電話: 050-7102-3227

ファクス: 072-846-7952

お問い合わせフォーム


ひとり親家庭養育費確保サポート事業への別ルート