ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    eスクールステップアップ・キャンプ2020が開催されました【令和3年2月6日(土)】

    • [公開日:2021年6月18日]
    • [更新日:2021年6月18日]
    • ページ番号:33947

    eスクールステップアップ・キャンプ2020が開催されました【令和3年2月6日(土)】


    令和3年(2021年)2月6日(土)に「eスクールステップアップ・キャンプ2020」がオンラインで開催されました。「eスクールステップアップ・キャンプ」は、一般財団法人日本視聴覚協会が主催で、文部科学省共催のもと実施されています。今年のテーマは、「GIGAスクール スタートアップ ~1人1台端末の早期活用に向けて~」です。本市の情報教育推進にかかるアドバイザーである、園田学園女子大学 堀田 博史 教授のコーディネートのもと、枚方市の取組を中心に全国へ発信しました。また、先進的にICT教育を推進しているつくば市や熊本市の取組事例も紹介されました。コロナウイルス感染症拡大の影響で、初のオンラインでの開催となりましたが、約2000名もの申込が全国各地からありました。また、当日の視聴回数も約15,000回と、大盛況でした。

    Zoomを活用した特別授業では、枚方市立蹉跎小学校 岩渕 佳宏 首席が授業者として「てこのしくみやはたらきを生かして、小学2年生がほしいと思う手作りおもちゃのアイデアを考えよう」というめあてでオンラインによる模擬授業を行い、沖縄県や東京都、岡山県など、全国各地から児童役として参加者が集まりました。参加者同士、めあての達成に向けて積極的にグループ協議を行う様子が配信され、大変好評でした。参加者からは、「オンラインでの授業は、はじめは不安がありましたが、とても楽しかったです。小学2年生がほしがる手作りおもちゃをつくるためのアイデアを共有し、互いの意見を練り上げることができたのが良かったです。」や「相手意識・目的意識がはっきりすることで、こんなにもしっかりした話し合いができることに改めて気づきました。また、事前課題で『てこの原理』についてのアンケートに回答していたので、話し合いの時間をしっかりとることができました。反転学習としての授業のありかたを体験することができ、とても貴重な経験をすることができました。」との感想もありました。


    枚方市のiPadを活用した情報教育についての取組は始まったばかりですが、子どもたちの学びの充実に向けて研究を深めるとともに、引き続き情報発信を行っていきます。



    枚方市立樟葉南小学校 瓜生 一弘 教諭

    校内での取り組みについて発表しています。



    枚方市立枚方中学校 廣瀬 翔太 教諭

    校内での取り組みについて発表しています。



    枚方市立蹉跎小学校 岩渕 佳宏 首席

    Zoomを用いた特別授業を行っています。


    お問い合わせ

    枚方市役所 教育委員会事務局 学校教育部 学校教育室 教育研修課

    お問い合わせフォーム