ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    高齢者保健福祉月間啓発標語の決定

    • [公開日:2022年8月9日]
    • [更新日:2022年8月9日]
    • ページ番号:25528

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    令和4年度(2022年度) 啓発標語の入選作品が決定しました!

    誰もが生きがいをもち、健康で安心して生活できる長寿社会を築くためには、市民一人ひとりが高齢者の問題を自分自身のものとして理解し、家庭、地域社会、職場、学校などあらゆるところで、それぞれにふさわしい役割を果たしていくことが必要です。

    枚方市では、毎年9月を「高齢者保健福祉月間」としており、今年も啓発標語にふさわしい標語を募集したところ、130作品のご応募をいただき、次のとおり入選作品が決定しました。

    【特選】

    「老いてもおいていかれない 誰もが主役の街 ひらかた」    森田 紗希さん

    【入選】

    「うれしいよ くるまをまとめて まもってくれる みどりのおじちゃん みどりのおばちゃん」   東村 愛佳さん


    「いっしょだね みんな なるんだ 高齢者 仲良く暮らそう 枚方で」   大在家 ルミさん


    入選作品は、広報ひらかた9月号にも掲載しています。

    啓発標語の決定にあたり、たくさんのご応募、ご協力ありがとうございました。