ページの先頭です
メニューの終端です。

直営によるオーバーレイ作業とは?

[2018年10月31日]

ID:21535

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

舗装オーバーレイとは?

どんなことをやるの?

ひび割れや、薄くなった道路のアスファルトをつぎ足し、覆いかぶせる補修作業です。

道路全体ではまだ工事を行う必要がないけれど、一部分だけが傷んでいるといった際に使用する工法で、市職員自ら直営作業で行うことがあります。

作業前
乳剤の散布

舗装前の傷んだ道路にまずは乳剤(接着剤)を散布します。

接着スプレー散布
骨材の散布

次により細かな粒子の接着材(スプレー)を散布し、そのうえから骨材(アスファルト本体)を散布していきます。

転圧処理
作業後

最後に、転圧機で圧力をかけて新しい骨材を既存の舗装面に圧着していき、完了です。

市役所からのお願い

市役所では、限られた人数の中で、上記のような作業以外にもさまざまな道路補修を行っています。

もし、道路に異常があった場合には、市役所へご連絡いただくなど保全活動にご協力をお願いします。