ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度日々の様子

[2018年1月19日]

ID:11171

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成29年度の日々の様子

1月19日(金曜日)イメージすること

1
2
3

実際の道具で遊んできたことをでイメージしやすく、いろいろな友達と餅をついてきたことで互いにリズムを合わせることが身についていることで、何もないところでしっかりと餅をついていました。相手のスピードに合わせようと目と目を合わせ、相手の動きを注意深く見ています。ピタッと気持ちがそろった時の心地よさを感じていました。

異年齢ペアで食べるおにぎり弁当では先に食べ終わった5歳児ほし組のA君が「後でシートを返してね」と部屋に帰りました。近くで食べていたほし組B君と食べ終わるタイミングが同じになると「ついでにシート渡しといてあげようか?」と4歳児ばら組のCちゃんに声をかけてくれていました。そこへ今まで見ていたかのようなちょうどいいタイミングでペアのA君が「シートもらっていくね」と来てくれたのです。良かったな~というまなざしでCちゃんを見つめるB君・・・きっとA君がいない間Cちゃんのことを気にかけてくれていたのでしょう。

「どうして今、Cちゃんが食べ終わったことが分かったの?」「まるでずっとどこかで見ていてくれたみたい」と声をかけるとB君と遊びたくて誘いに来たD君が「気持ちがつながっていたからじゃない」と一言。A君もうんとうなづいていました。離れていても気にかけてくれるお兄ちゃんの存在にとてもうれしそうな笑顔を見せてくれたCちゃん、頼もしいお兄ちゃんたちに囲まれていたんですね・・・

1月18日(木曜日)昔の暮らし

1
2
3

餅つきのテンポがリズミカルになってきました。相手が変わるごとに互いに気持ちを合わせて餅をつく姿に成長を感じます。出来上がったお餅を囲炉裏で焼いて家族みんなにふるまったり、傘をかぶり、しょいこを背負って芝刈りに行くお父さんのお弁当に詰めてみたり、かまどのお鍋で煮立てたり・・・お餅が友達と遊びをつなげていきます。川まで水を汲みに行くのは料理や犬たちのためだったのがお風呂のためにも必要になり何度も桶とひしゃくが活躍していました。お風呂の順番も自然に決まり、入れ替わるたびにお湯が足され、とっても楽しいお風呂の時間でした。

昔の道具が今の子供たちの手にかかると生き生きとよみがえり、子供たち一人一人を満足させ、友達同士を笑顔でつなげてくれています。このままタイムスリップしても大家族で仲良く助け合い、大笑いして過ごせそうな愉快な仲間たちに育っています。子供たちの一挙一動に釘付けです・・・

ハッピーちゃんのお墓参りに来てくれた子供たちがとてもかわいい言葉を伝えています。死を知った時には凍り付いたような表情だった子が笑顔で話しかけるようになってきています。「ハッピーちゃん、天国で体を動かさないと太っちゃうからね!ちゃんとなるこちゃんと体を動かして追いかけっこしてあそぶんやで~」

1月17日(水曜日) 昔の生活や遊び

1
2
3

おせち料理づくりをきっかけに始まった家族ごっこが昔の家ごっこへと発展してきました。水道もガスコンロも暖房もスーパーも車もない生活は子供たちにとっては不便よりも面白さのほうが上回るようです。囲炉裏や桶、石臼や鍬(すべて手作り)、どんな道具も新鮮で絵本や写真でイメージしながらどんどん自分たちで遊びこんでいきます。あちこちでいざこざはありますが遊びたい気持ちが強いことと今まで自分も友達も楽しく遊ぶためにはどうしたらいいのか何度もケンカをして乗り越えてきた身に染みてわかっている解決方法を大いに活用していました。

十分な環境があれば友達と気持ちを通い合わせて自分たちで遊ぶ力がしっかりと育っています。これまでの毎日毎日の積み重ねが朝の好きな遊びの時間にたくさん詰まっていました。明日はどんな関わりが見ることができるのか楽しみです!


1月16日(火曜日) もう言ってから行って!

1
2

冬休みに亡くなったウサギのハッピーちゃんのお墓参りに4歳児ばら組さんがみんなで来てくれていました。目をつぶるとハッピーちゃんとの思い出や天国でどうしているのかの創造がふくらみ、心の中にハッピーちゃんは生きていると納得していました。空を見上げるとハッピーちゃんが見ているように感じている子もいました。そんな子供たちを見ているとハッピーちゃんとの悲しいお別れが和らいでいきました。

グループごとに友達のプレゼントを作っていると材料がなくなりいろいろな場所に取りに行くことがあります。資材室、職員室、各保育室どこにでも「失礼します」と目的を果たしに行きます。午後からは用意の済ませた子から集まってプレゼント作りの続きをしていました。4人の友達が部屋に帰ってくると「もう、探したやんか!どこいってたん?」「一緒にやろうと思って待ってたんやで」「行くんだったら一言いってからにしてよ」と本気で伝えていました。気軽にしたことで友達を心配させ怒らせてしまい気まずくなりましたが、きっとこれからは一緒に活動している友達のことを気にかけていくことでしょう・・・

1月14日(日曜日)保育参加

1
2
3

全員元気に集まりいろいろな伝承遊びを、家族や友達や友達のお家の人と楽しみました。寒い中、園庭へ元気に飛び出していく5歳児ほし組さんはボール一つイメージ一つでたくさんの人と気持ちを合わせて遊びました。部屋の遊びが楽しい4歳児ばら組さんは簡単なルールを守ってのゲームなど少人数のグループで大人の支えも借りながら楽しんでいました。

いつものように片づけて学級活動になると友達が楽しんでいたことを紹介したりこれからみんなで楽しさを極めていくコマ回しに挑戦したりしました。みんなの前に出てきて自分のニュースを伝える時にはいつもと違う雰囲気に圧倒されそうになりながらも、お家の人がいてくれることも支えに頑張っていました。同じことを見てその場にいたことはみんなの共通の経験となり、その経験をこれから前向きに活かしていくことができます。今日のニュースがこれからの幼稚園生活にきっと潤いを与えてくれることでしょう・・・

凧作りでは親子で兄弟で協力する姿があちこちで見ることができました。同じ目的に向かって家族一緒に取り組む経験はこれから減っていくことでしょう・・それでも家族の誰かが困っていたら悩んでいたら今日のように互いにできることを精一杯していくのだろうなと感じました。親子の時間も大切にするお家の方々の姿勢に心温まりました。ご参加、ありがとうございました。

1月12日(金曜日)毎週金曜日は異年齢ペア・トリオでおにぎり弁当

1
2
3

3学期の新しいペア・トリオでの初めてのおにぎり弁当は5歳児ほし組さんが「おまたせー」と4歳児ばら組さんを迎えに行き、遊戯室の絵画展会場でいだだきました。これまでもどちらかのクラスが間に合わない時がありましたが、ほし組さんが一緒に学級活動のかたづけを手伝ってくれることもありました。今日はばら組さんが待っていましたが大好きなほし組さんを待つことはちっとも苦ではありません。時間を守ることは大切なルールですがどうしてもの事情がわかれば折り合いがつくものです。

午後から英語教室があるほし組さんは、いつもはゆったりとペア・トリオのばら組さんを待ってくれることもあるのですがお先にいかなくてはなりません。ほし組さんのシートに一緒に座っているため食べ終わってからばら組さんが届けにきました。でも自分のお姉ちゃんが見当たりません。(クラスの半分ずつなため)勇気を出してお部屋に入るとすぐに気づいた子が「どうしたん?」とやわらかく近づいてきてくれました。「○○ちゃん、探してるんやけど・・・」「今英語やからいてへんわ」納得して帰ろうとすると違う子が「○○ちゃんに渡しといてあげようか?」と声をかけてくれました。

「ありがとう・・・」もっとすっきりと納得して笑顔になり隣の部屋で英語をしているお姉ちゃんがちゃんといることを確認して大満足で自分の部屋に帰っていきました。きっと来年度、自分がお姉ちゃんになった時、してもらったことを思い出して自信満々年下の友達に関わってくれることでしょう。 やさしさのバトンが今日もあちこちで手渡されていきます・・

1月11日(木曜日) 新しいグループ

1
2
3

中庭の池の氷を見つけて大興奮!ニュースを聞きつけた友達が入れ替わり氷を持ち感触を伝えあいました。とうとう幼稚園が冷凍庫に・・・大人の寒さを吹き飛ばしてくれる子どもたちの反応でした。

新しいグループが決まり気分も新たになりました。5歳児は2年目の仲間なのでまた同じ友達になることもありますが、今の出会いで新たな一面を見つけられたらいいなと思います。

入学時はほとんどはじめましてのお友達ばかりですが、異年齢ペア・トリオでの経験も活かして関係づくりをしていくことでしょう。一緒に遊んで一緒に食べて一緒に頑張って一緒に笑ったらもうすぐに仲良しになります。新しい友達のいいところを見つけ互いに認め合い、嫌なことは嫌と伝え互いに分かり合い、苦手なことは励ましあい支えあう経験を幼稚園でたくさん積んできているのできっと小学校にもつながっていくことでしょう・・・

1月10日(水曜日) 幼稚園でお正月?

1
2
3

保育室ではお正月が続いています。年賀状を送ったりもらったり届けたりすることで文字や数字に関心を寄せて遊んだり、お節料理をいろいろな材料で作って家族ごっこをしたり、かるたやコマ回し、あやとりにけん玉に挑戦したり・・・まるで大きな大家族のようです。集いでは親戚のお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒にふれあい遊びをするように昨日決まった新しい異年齢ペア・トリオで体を動かし、チケットを大事にもって一緒に雑煮パーティをしました。

大根、ごぼうなどの野菜がたっぷりと入ったお雑煮は苦手な子もいましたが親戚のおばちゃん?に諭され食べたり、おかわりが止まらない元気いっぱいな子がいたり・・・家とは違うお正月を仲間と過ごしました。おなかがいっぱいになると遊戯室の絵画展で自分の自慢の絵を互いに紹介し4月からの絵を見ながら大きくなった自分を実感していました。

久しぶりに会う身近な人と近況報告しながらゆっくりと時間を過ごすお正月の幼稚園バージョンを大好きな先生、あこがれの5歳児、かわいい4歳児と一緒に楽しんだ居心地の良い幼稚園でした。

1月9日(火曜日) 始業式

1
2
3

平成30年の新しい年が明け、平成29年度の第三学期が始まりました。欠席する子もなくみんながとてもいい笑顔で気持ちの良い挨拶をして集団生活が始まりました。どの子もお家でエネルギーをためて友達と遊びたい気持ちにあふれているようでとてもうれしい初登園でした。

冬休み中に亡くなったウサギのハッピーちゃんの話では言葉にならない気持ちをみんなで共有しました。自然と流れる涙を自然と周りで分かち合い支えあう姿があちこちで見られました。気持ちの整理はこれからです・・・

新しい異年齢仲良しペア・トリオが決まったりお年玉をもらったりお家のニュースに話がはずんだり・・・一気に幼稚園がにぎやかになりました。ドッジボールは自分たちでどんどん遊びを進めてたくさんの友達とルールを守って遊んでいます。小学校の休み時間の姿とも重なります。あっという間に去っていく3学期、進級入学に向けて子供たち一人一人に願いをもち一日一日を大切にしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。

お問い合わせ

枚方幼稚園

住所: 〒573-0037 枚方市枚方上之町11番16号

電話: 072-841-2180

ファクス: 072-841-2180

お問い合わせフォーム