ページの先頭です
メニューの終端です。

学校紹介

[2019年4月19日]

ID:6516

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

学校長挨拶

校長 石田 義明

本校は昭和50年4月創立で、今年度は18学級、児童数536名でスタートいたしました。

枚方市においては、「枚方市教育大綱」が策定され、これからの本市教育行政の目標や施策の根本となる方針が定められました。この大綱を踏まえ、「枚方市教育振興基本計画」が定められ、教育目標として「学びあい、つながりあい、一人ひとりの未来をひらく~自立、協働、創造に向けた主体的な学びを支え、可能性を最大限に伸ばす~」が示されました。長尾西中学校区では、長尾西中学校、田口山小学校、西長尾小学校の3校を合わせた長尾西学園として、この目標を達成すべく、以下の学園目標を掲げ、「確かな学びと自立の力を育む教育の充実」「子どもの人権を尊重した教育の推進」「倫理観・規範意識の向上」を図っていきますので、今後ともご支援、ご協力いただきますようお願いいたします。

長尾西学園について

  • 長尾西学園目標
     
    未来に向かってたくましく生きる児童・生徒の育成
  • 長尾西学園のめざす子ども像
     
    自ら考え、他者を思いやり(つながり)、行動できる子

田口山小学校学校教育目標について

 [1]学校教育目標                  

○よく考え行動する子ども

・基礎・基本の学力を身につける子ども   

・自ら学びとる喜びをもつ子ども      

・思考力をもって物事に対応する子ども   

○助け合える子ども               

・自他敬愛の心をもち、協力できる子ども  

・豊かな人権意識・人権感覚をもつ子ども  

・責任感、実践力のある子ども       

○明るく元気な子ども              

・心身ともに健康な子ども         

・最後まで粘り強くがんばる子ども     

・自立する子ども

 

 [2]教育目標達成のための基本像

(1)めざす子ども像

・自ら学び行動する子ども     

・自他敬愛の心をもち、協力する子ども 

・最後まで粘り強くがんばる子ども    

(2)めざす学校像              

・明るく楽しい中に規律のある学校    

・教育環境に豊かな学校         

・家庭・地域と連携協力する学校     

(3)めざす教師像

・教育への情熱と向上心のある教職員       

・教育の営みを誠実に実践する教職員   

・チームワークを大切にする教職員    

[3]重点目標

 本校の教育目標の実現のため、枚方市の「枚方市教育大綱」並びに市教育委員会の「枚方市教育振興基本計画」及び「学校園の管理運営に関する指針」を踏まえ、次の重点目標を設定する。

(1)確かな学びと自立の力を育む教育の充実

 知(確かな学力)・徳(豊かな人間性)・体(健康・体力)の調和のとれた「生きる力」を育み、グローバル時代をたくましく生きぬく子どもを育成する。そのため、小中の円滑な接続を図り、義務教育9年間を見通した学力向上の取り組みを推進する。

 また、命の大切さや人を思いやる豊かな心や健やかな身体を育むため、道徳教育を核とした心の教育の充実と子どもの体力向上に向けた取り組みを推進し、自立の力を育む。

(2)子どもの人権を尊重した教育の推進

 本校の子どもが安心して自らの力を発揮でき、学ぶ喜びを感じることができるよう、子ども一人ひとりの尊厳を全力で守る。そのため、いじめや体罰等により子どもの大切な人権が、決して傷つけられることがないよう、教職員が人権及び人権問題に関する正しい理解を深めるとともに、教育のあらゆる場面において人権教育を一層推進する。

(3)教職員の倫理観・規範意識の向上

  子どもが集中して取り組める落ち着いた授業と不安のない学校生活を保障し、規律を重んじた秩序ある学校を目指す。そのため、子どもの規範意識を育むことはもちろん、教職員が児童・保護者・地域との信頼関係を構築できるよう、教育公務員としての倫理観や規範意識の向上に努める。

 

私たちの学校について

学校の写真
  • 所在地 枚方市田口山3丁目10番1
  • 電話 050-7102-9112
  • ファックス 072-851-0025
  • 東経135度42分
  • 北緯34度49分33秒
面積
区分面積
校地21,414平方メートル
運動場11,545平方メートル(のりも含む)
建物
区分面積
校舎5,548平方メートル(教室棟・管理棟とも3階)
体育館594平方メートル
調理場286平方メートル
プール96平方メートル
(付)弥生時代の遺跡との関連で、校舎を敷地の南側に、運動場を北側にとり、運動場は遺跡保存のため盛土され校舎側よりも高くなっている。排水には大変都合がよい反面、管理上の難点がある。校門の側に教育委員会の手により遺跡説明板が設置されている。