ページの先頭です
メニューの終端です。

ごあいさつ

[2019年4月8日]

ID:5098

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 開成小学校は、枚方市の南部に位置する香里団地の中に、昭和34年に新設され、今年で創立60年目になる学校です。開校当時の児童数は747名、18学級でした。

 校区には、枚方市役所・香里ヶ丘支所をはじめ、香里ヶ丘図書館、香里ヶ丘交番所、香里団地保育所、南部市民センター・ユーカリなどの施設があります。学校に隣接する「開成の森公園」をはじめ緑豊かな環境の中、かつては「東洋一のマンモス団地」と言われた香里団地も50年あまりの月日が流れ、高層集合住宅へとその姿を変えています。

 今日、学校教育のあり方について、社会の関心と期待が高まっています。
学校の教育活動は、歴史や伝統の伝承と公教育の果たすべき普遍性を基調として行われなければなりません。同時に、時代と共に変化する社会の要請に応え、新しい姿を創造し絶えず前進していくことも重要な課題です。

 21世紀に主役となって活躍が期待される子どもたちには、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」の育成が何よりも大切であると考えています。私たち教職員は、教育における「不易」と「流行」をしっかりと見極め、保護者や地域の期待に応え信頼関係を築いていく中で、保護者や地域の方々と協力して、子どもたちの自立に向けた「生きる力」を育てていきたいと考えています。

 これまで本校で取り組んできた「どの子にとっても過ごしやすい学校、どの子にとっても学習しやすい学校」となる『ユニバーサルデザインにあふれた学校づくり』の理念を大切に継続していきます。それに加え、新たに「心豊かに、互いに高め合える開成っ子」という教育目標を設定し、「優しい心で、考え、行動しよう!」を合言葉に、子ども達の豊かな心とよりよい絆の育成をめざし、教職員が一致協力して、開成小学校で学んでよかったと心から思える子にしていきたいと考えています。

 特に、昨年度は、大阪府で3校のうちの1校として 国語科を主にして平成30年度「主体的(S)・対話的で(T)深い学び(F)」の実現に向けたSTF実践研究指定校として、本校児童の学力向上をめざし取り組みました。

 それを更に推進すべく、本年度(平成31年度)は、「TM(確かな学び)」推進事業指定校として、国語科の系統的な指導を意識した授業改善に取り組むことで、子ども達の学力向上と主体性を育んでいきたいと考えています。趣旨をご理解いただき、これからも、ご支援、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

平成31年4月 枚方市立開成小学校長 桐山 智巳