ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

現在位置

あしあと

    枚方八景 山田池の月

    • [公開日:2014年3月26日]
    • [更新日:2021年7月8日]
    • ページ番号:752

    山田池の月(やまだいけのつき)

    山田池の月の写真

    大阪府営山田池公園(別ウインドウで開く)の中に広がる山田池は、水面の広さが約10ヘクタールと、府下でも有数の大きな池です。その歴史は古く、灌漑(かんがい)用のため池として平安時代につくられました。池のすぐ側では弥生時代から古墳時代の住居跡や土器などが発見されるなど古い土地柄を物語っています。
    戦前は万を超える鴨の大群が舞い降りたといい、数が少なくなった今でも各種の水鳥を見ることができます。池の周囲には深い木立や竹林、草原があり、咲き誇る花しょうぶや池に浸かる緑樹の枝など、変化に富んだ景色を楽しめます。また、複雑な地勢の起伏が手伝って、周りの喧騒をさえぎり、静寂を保っています。満々と水をたたえる水面に映る月は、また格別の趣があります。一年を通じて花が咲き、市民の憩いの場所であり、風雅と自然を楽しむ場にもなっています。

    「山田池の月」の詳細
    アクセス京阪電車「枚方市駅」北口より京阪バスに乗車し(18・19・20・25・26・27・29系統。乗車時間は約15~20分)、またはJR片町線(学研都市線)「長尾駅」より京阪バスに乗車し(20・21・25・26・27・29系統。乗車時間は約10~15分)、出屋敷バス停で下車。バス停より徒歩約2分。JR片町線(学研都市線)「藤阪駅」からは、北西方向へ徒歩約15分。
    備考「花しょうぶ園」は毎年5月下旬~6月中旬に開園。

    周辺地図