ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    事業仕分け結果に係る対応方針

    • [公開日:2012年3月14日]
    • [更新日:2021年8月20日]
    • ページ番号:570

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    平成22年9月4日(土曜日)・5日(日曜日)に実施した事業仕分け対象36事業について、仕分け結果や当日の仕分けにおける論点等を踏まえて作成した市の対応方針を受けて、平成23年度の対応状況を取りまとめました。
    事業仕分け対象36事業中、仕分けにおける論点を踏まえて、新たに平成24年度当初予算(案)に反映を行ったのは4事業で、その削減額は、平成23年度当初予算との比較で、合計736万9千円となり、H23仕分け効果額(1)とH24仕分け効果額(2)を合わせた効果額は、5,883万4千円となりました。
    なお、下表の「H23仕分け効果額(1)」に係る取り組みを平成24年度の当初予算(案)においても同様に継続して実施している事業の効果額については、「H24仕分け効果額(2)」には含めていません。

    仕分け結果(9月4日・5日)
    項目事業数
    廃止または再構築10
    民間等0
    要改善22
    現行通4
    合計36
    仕分け結果に係る市の対応方針
    項目事業数H23仕分け効果額(1)
    (平成22年・23当初予算比較)
    H24仕分け効果額(2)
    (平成23年・24(案)当初予算比較)
    仕分け効果額
    合計((1)+(2))
    廃止3-6,479千円-2,500千円-8,979千円
    再構築7-14,461千円-1,188千円-15,649千円
    民間等0
    改善22-30,525千円-3,181千円-33,706千円
    現行通4-500千円-500千円
    合計36-51,465千円-7,369千円-58,834千円

    (注)「再構築」とは、現在の事業をゼロベースで検討したうえで、改めて事業を構築することを指します。

    関連情報